【HEGEMONY】労働者階級のアクション解説【ボードゲーム】




この記事では、現在キック支援中の政治シミュレーションボードゲーム「HEGEMONY」のルールについて解説していく。

今回はその中でも「労働者階級」のアクションについて詳しくみていこうと思う。

この記事を読む前に、HEGEMONYとはどんなボードゲームなのか、ゲームの流れはどうなっているのかを紹介した記事を書いているので、まずはそちらを見てほしい。

【ボードゲーム】HEGEMONY:覇権の紹介【Kickstarter】

2021年11月11日

【ボードゲーム】HEGEMONY:覇権 の全体ルール概要を解説【キックスターター】

2021年11月12日

労働者階級の概要

労働者階級としてのプレイヤーの目標は、人々の繁栄を高めることだ。

それを達成するために、ワーカーを企業で働くように割り当て、賃金をもらい、その資金を持って食品、健康、教育、そして可能であればちょびっとの娯楽のために消費し、ニーズをカバーしていく。

個人ボードについて

アクションの説明に入る前に、個人ボードの説明をしておこう。

個人ボード説明
  • 人口トラック:上段はワーカーの数を、下段は人口数を表す。人口はこの階級にとって非常に重要なものになっている。その最たる理由として、プレイヤーが特定のアクションを実行する際に必要となる資源の量と、その購入限度を決定するものだからだ。
  • 繁栄:文字通り、労働者階級の繁栄度を示す。人々に健康・教育および贅沢品を提供することで繁栄度が増加。高ければ高いほど多くの勝利点を獲得する。
  • 労働組合:労働者階級は、ワーカーの多くが雇用されている産業に労働組合を設立することができる。組合を持つことは、プレイヤーに影響力と追加の勝利点を提供する。
  • 収入:金銭を保管する場所。
  • 商品とサービス:購入/獲得した資源(健康・教育・贅沢品・影響力)が使用されるまで保管される場所。

準備フェイズでの動き

準備フェイズでは以下の通りに進めていく。

準備フェイズの労働者階級の流れ
  1. 借金の利息を支払う
  2. 横になっているワーカーを立てる
  3. 繁栄度が低下する
  4. アクションカードを引く
  5. 新たなワーカーを獲得し、人口を調整する

借金の利息を支払う

自身が持っているすべての借金カードに対し、利息として5ドルを支払う。

補足説明
ルールブックでは正確にはドルではなく、アウストラル₳を逆さまにしたような記号が使われている。実際どこかで使われている記号なのだろうか。とりあえず記事ではドルとして扱う。

ワーカーを立てる

従事していたワーカー(横になっている)すべてを立たせる。(ワーカーを従事させる方法については後ほど解説)

繁栄力の低下

繁栄度を-1する。もし繁栄度がトラックの最初のスペースにある場合は、何も起こらない。

繁栄度を増やすと勝利点を獲得するが、減らしたことで勝利点を失うことはない。

アクションカードを引く

自分の山札からアクションカードを6枚引く(手札が全部で8枚になるようにする)。

手札は他のプレイヤーには非公開。

新しいワーカーを獲得し、人口を調整する

失業者エリアに2人、未熟練(灰色)ワーカーを追加する。

次に移民(政策#7)を確認する。

移民政策がセクションBまたはCにある場合、失業者エリアに追加のワーカーを配置する必要があり、置かれるワーカーの種類(熟練もしくは未熟練)は、入国管理カードによって決定される。

現在の政策の指示通りに移民カードの数を明らかにする(移民がセクションBなら1枚、Cなら2枚)。

公開された各カードに示されている労働者階級の労働者を失業者エリアに追加する(中流階級の労働者は無視)。

次に、公開されたカードを入国管理デッキの一番下に置く。

新しいワーカーを追加した後、追加したワーカーの総数と同じ数だけ労働者トラックを移動させ、同様に人口トラックのマーカーも適宜調整する。

アクションフェイズ

注意説明
効果がワーカーに言及するときはいつでも、特に明記がない限り、それは労働者階級のワーカーを指す。

基本的なアクション

自身の手番で実行できる基本アクションは以下の通り。

基本アクション一覧
  • 法案を提案する
  • ワーカーを割り当てる
  • ワーカーの労働組合への割り当て
  • 商品&サービスを購入する
  • ストライキを起こす
  • デモを起こす
  • 政治的圧力をかける
  • 特典を受ける(4人プレイ時のみ)

法案を提案する

このアクションを実行することにより、現在有効な政策の1つを、ニーズにより適した新たな政策へ変更したいという希望を表明する。

具体的には、「法案マーカー」を現在有効な政策セクションに隣接しているセクションへ配置することで表明する。

補足説明
隣接していない政策セクションへの表明はできない。例えば現在有効な政策セクションがAにある場合、Bを飛び越えていきなりCに置くことはできない。また、すでに別のプレイヤーの法案マーカーが置かれている場合も、同様に提案することはできない。例えば、現在有効な政策セクションがBにあり、別のプレイヤーがすでにCに法案マーカーを置いている場合、新たにAに置くことはできない。

通常、このアクションを行なった場合、この時点では何も起こらない。

提案された法案の結果は、ラウンド後半の選挙フェイズで解決されるからだ。

しかし、このとき影響力を1使うことによって、プレイヤーは「即時選挙」なるものを行うことができる。

その場合、提案した法案に対し選挙が直ちに行われる(選挙方法は選挙フェイズの「選挙の実施」ステップに従う)。

選挙に勝利した場合はすぐに政策が変更され(政策マーカーを動かす)、通常通り勝利点を獲得する。

敗れた場合は、法案マーカーを自身の目の前に戻す。

法案マーカーは各プレイヤー3つずつ所有しているので、即時選挙をしない場合は、1ラウンドで3つを超える法案を提案することはできない。

ワーカーを割り当てる

このアクションを使用すると、ワーカーを最大3人、雇用可能な企業で働くように割り当てることができる。

その際に適用されるルールが以下の通り。

適用要件
  • ボード上のどこからでもワーカーをとることができる。これには、失業者エリアだけでなく、すでに企業で働いているワーカーも含む(コミットされていない限りだが)。
  • 企業は、その企業に必要なワーカー数の全てを配置し運用するか、まったく配置しないで運用しないかの2択しかない。例えば、3人の雇用枠がある企業に1人のワーカーを配置することはできない。つまりは、全ての雇用枠が埋められない場合、そこにワーカーを割り当てることはできない。同様に、企業からワーカーを取って別の場所に割り当てるとき、全ての雇用枠が埋められていないため、残りのワーカーはそこに留まることができず、すぐに失業者エリアに移動する(この処理はアクションの最後に1度だけ行われる)。
  • 一部の場所では熟練ワーカーが必要になる。それらの場所に配置できるのは、その業界の熟練したワーカー(適切な色のワーカー)のみに限られる。残りのスポットは未熟練ワーカー用だが、ワーカーの色は関係なく配置できる。

ワーカーを割り当てた場合、少なくとも1ラウンドは雇用の関係が結ばれたと想定する(労働に対し、賃金を支払う)。

それを示すため、ワーカーを割り当てた後、横に倒すことで、「コミット」していることとする。

ワーカーがコミットしている限り、彼らは他の企業に行かず、賃金も下げられることはない。

そして何より、企業を売却することができなくなる

次のラウンドの準備フェイズでワーカーはコミットから外れ、立てることになる。

ワーカーの労働組合への割り当て

ボード上の企業にワーカーを配置するのとは別に、個人ボード上にある労働組合にワーカーを置くことができる。

しかし、このアクションを行うためには、少なくともその業界の企業で働くワーカーが4人以上いる必要がある。

ゲームのいずれかの時点で労働組合に属する業界のワーカーが4人を下回った場合、ただちに労働組合のワーカーは失業者エリアに移動する。

労働組合を持つことで得られる利点としては、全てのラウンドの生産フェイズにて1影響力と2勝利点だ。

注意説明

労働組合のワーカーは雇用ではあるが、賃金は得られないことに注意。

商品&サービスを購入する

このアクションにより、ニーズを満たすために必要な商品やサービスを購入することができる。

購入のルールは以下の通りだ。

購入順序
  1. 購入したい商品あるいはサービス(食品・贅沢品・健康・教育または影響力)を1つだけ選ぶ。
  2. 選んだ商品やサービスを提供している4つの販売元(資本家・中流階級・外国市場・州)から最大2つを選ぶ。
  3. 各販売元から現在の人口数と同数の商品あるいはサービスを購入する。

例えば、贅沢品が欲しい場合で、それを資本家と外国市場から購入したいとする。

現在のプレイヤーの人口が4ならば、資本家から4つ、外国市場からも4つ贅沢品を購入できるというわけだ。

注意説明
各販売元は全ての商品あるいはサービスを提供しているわけではなく、またプレイヤーが欲する量の商品を保持しているとも限らない。
以下の表で各販売元が販売する可能性のある概要を示しておく。

購入したい商品やサービスの価格は販売元に基づいて決定される。

資本家中流階級が提供する商品価格は各個人ボード上に記載されている。

外国市場の価格はメインボードの輸入エリアに記載されているが、これらの価格は外国貿易政策(#6)の影響を受ける。

の価格は、福祉国家:健康と給付政策(#4)と福祉国家:教育政策(#5)によって決定される。

州が商品(食品もしくは贅沢品)を生産する企業を所有した場合、その価格は州の個人ボードに記され、州が販売さる影響力の価格もまた個人ボードに記載されている。

こうして購入した商品やサービスは、個人ボード上の「商品とサービス」エリアに配置される。

ストライキを起こす

このアクションを使用すると、他の2つの階級に賃金を引き上げるよう圧力をかけることができるが、全く応じてもらえないリスクも抱えている。

ストライキを起こすとき、プレイヤーのワーカーが働いている最大2つの企業にストライキトークンを配置する。

ここでの要件としては、「ワーカーがコミットしている」もしくは「賃金レベルが3の企業」を選ぶことができない点だ。

また、公開会社については、州がプレイヤーによって管理されている場合にのみ選択できる(つまり、4人プレイ時のみ)。

各企業はストライキトークンを1つしか持つことはできない。

生産フェイズの開始時に、賃金レベル3の全ての企業からストライキトークンを破棄するのみに留まる。

しかしもし賃金レベルが1もしくは2の企業は、このフェイズで生産がスキップされ、代わりに影響力を1得ることができる。

その後、ストライキトークンを破棄する。

注意説明
もし中流階級の企業に労働者階級のワーカーがいる場合、労働者階級の生産だけがスキップされ、中流階級の生産は通常通り行われることに注意。

デモを起こす

このアクションを行うと、他のプレイヤーにプレッシャーをかけて企業の設立を促し、労働者階級のために雇用口を増やすことができる。

このアクションを実行するための条件として、失業者数が現在雇用できる企業のスロット数より2以上多い場合だ。

この要件を満たしていれば、失業者エリアにデモンストレーショントークンを配置する。

もしその後、他のプレイヤーが企業を設立し、上記の要件を満たさなくなれば、雇用口が増えた(デモが成功した)ので直ちにデモンストレーショントークンは破棄される。

しかし、生産フェイズまでこのデモンストレーショントークンが残り続けている場合、影響力を1得るのと同時に、他のプレイヤーは労働者階級の失業者数+労働組合の数に等しい勝利点を失う

失う勝利点は労働者階級のプレイヤーがどのように配分するかを決定してよい。

政治的圧力をかける

このアクションにより次の選挙での政治力を高め、選挙に勝利する確率を上げることができる。

つまり、即座に3つの投票キューブを巾着へ投入する。

特典を受ける(4人プレイ時のみ)

このアクションにより、州のプレイヤーが労働者階級のために置いた資源および資金を手に入れることができる。

注意説明
このアクションを実行するたびに、州は2勝利点を獲得する。

フリーアクション

労働者階級にとって繁栄度は勝利点に直結する重要な要素となる。

このフリーアクションのいくつかでは、その繁栄を高めることができるので、とても重要なアクションだ。

1繁栄度を得るたびに繁栄度マーカーを動かし、繁栄値に等しい勝利点を獲得する。

フリーアクション
  • ヘルスケアを受ける
  • 教育を受ける
  • 贅沢をする
  • ワーカーの交換
  • 借金返済

ヘルスケアを受ける

プレイヤーは、自身で購入した健康を使い、人々にヘルスケアを受けさせることができる。

具体的には、人口の数と同数の健康トークンを使うことで、1繁栄度2勝利点および新たな未熟練ワーカー(灰色)を獲得する。

未熟練ワーカー(灰色)は失業者エリアに配置され、個人ボードの労働者数もチェックすることを忘れないように。

教育を受ける

ヘルスケア同様、人口の数と同数の教育トークンを使用して、1繁栄度ワーカー1人を熟練労働者へとアップグレードさせることができる。

これはつまり、ボード上の任意のワーカー(企業や失業も含め)を色付きのワーカーと取り替えることを指す。

通常は未熟練ワーカーを教育するが、失業している熟練ワーカーを別の業界の熟練ワーカーに切り替えることも可能だ。

贅沢をする

前2つのアクション同様、人口数と同数の贅沢トークンを使い、人々に娯楽を提供する。

これにより、1繁栄度を獲得することができる。

ワーカー交換

このアクションは、すでに編成されている労働者たちを任意に再編成することができる。

具体的には未熟練スロットに配置されている熟練ワーカーと、失業者エリアにいる未熟練ワーカーを交換することで、熟練ワーカーをより適切な位置に配置するために行われる。

またこれはすでにコミットされているワーカーも対象で、交換された後も継続してコミットすることになる。

借金返済

自身が持っている借金を返済することができる。

このときの返済額は50ドルであるため、ゲーム終了時より5ドルほどおトク。

生産フェイズ

商品とサービスの生産

このステップでは、企業に属しているプレイヤーの労働者に賃金が支払われる

このときもし協同組合農場を有しているなら、それぞれ2食料を生産する。

また、有している労働組合ごとに1影響力を獲得する。

ニーズの消費

このステップでは、人口に等しい数の食料をすぐさま用意しなければならない。

もし協同組合農場から食料を調達できるならば、それを使って残りを購入すること。

このステップにおける人口数の食料は必須であり、もし他のプレイヤーが食料を販売していないならば外国市場を利用し、それでもお金が足りなければ借金を組まなければならない。

税金の支払

このステップでは州に税金を納めなければならない。

この税は現在の労働市場政策(#2)税政策(#3)の組み合わせで決定される。

組み合わせに則して、その数に現在の人口数を掛けた金額が支払い金額となる。

得点フェイズ

このフェイズでは労働組合数によって勝利点を獲得することができる。

所持している労働組合ごとに2勝利点を獲得する。

ゲーム終了時

ゲームが終了すると、追加でいくつか勝利点を獲得することができる。

注目するのは政治テーブルだ。

#1から#5の5つの政策のうち、セクションA(社会主義)の数によって追加の勝利点を獲得する。

また、個人ボード上に残っている10ドルにつき1勝利点を得る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です