【ボードゲーム】Voidfallの紹介【キックスターター】

(参照:kickstarter)




聞き飽きたかもしれないが、何度でも言おう。

私は宇宙やSFがテーマのものに目がない。これは私にとってはどうしようもなく仕方がないことで、もはやパブロフの犬状態である。宇宙モノのボードゲームが出たとなると、とりあえず見に行ってしまう。

しかし、ただ宇宙モノである、というだけで何にでも飛びつくほど、私はプログラミングされたロボットではない。見に行ったはいいものの、所有まで至らないケースもままある。そしてこの違いについては自分でもまだ自己分析できていない。たぶん雰囲気とかだ。

そして今回もまた、性懲りも無く宇宙モノもボードゲームを紹介する。その名前は「Voidfall」。名前からして宇宙くささが滲み出ている。気になる中身を見ていこう。





ゲームの基本情報

まずはこのゲームの基本情報を記しておく。

Voidfall概要
  • 1-4人用
  • 対象年齢は15歳以上
  • 最大240分のプレイ時間
  • 競争モード、協力モード、ソロモードあり
  • 4Xシステム

ここから見て取れるのは、相当重量感のある長時間ゲームであるということ。最大240分のプレイというあまり見ない書き方であるが、四人で行った場合一人あたり1時間相当はなかなかだ。対象年齢も15歳以上であり、ゲームの理解度も深いものが要求されるだろう。

また、昨今の流行りでもあるソロモードが完備されており、楽しみ方は多いように思える。

(参照:kickstarter)

そしてゲームシステムは「4Xゲーム」。

4XのXとは、「”eXplore”:探検、”eXpand”:拡張、”eXploit”:開発、”eXterminate”:殲滅」の4つであり、つまりはプレイヤー同士、ボコボコに殴り合うゲームのことを指している。

有名なところだとやはり「シヴィライゼーション」あたりが浮かび上がってくる人も多いだろう。プレイヤー同士の緊張感、相互作用、自分が管理する国家の管理、そして極限まで抑えられた運要素。ユーロゲーム愛好家たちが賛美の拍手を送っていそうだ。

このあと書いていく内容もあらかじめ記しておこう。

Voidfallの魅力
  • 気になる情報まとめ
  • ゲームの流れと魅力
  • プレイヤーが使用できる各国家
  • おわりに

ではさっそく見ていこう。





気になる情報まとめ

細かな情報に入っていく前に、まずは確認しておくべきところをピックアップしてまとめておこう。それはつまり、「プレッジ」「言語依存問題」「送料」「ストレッチゴール」「アドオン」である。

プレッジについて

プレッジについては今のところ、「スタンダードボックス」「ギャラクティックボックス」の2つが用意されている。

「スタンダードボックス」はその名の通り、基本パックのことである。もちろん、このボックスでゲームは可能であり、ストレッチゴールも全て付いてくる。価格は75ユーロ、日本円で約9,755円である。

(参照:kickstarter)

「ギャラクティックボックス」とは、いわばデラックス版だ。基本パックに加え、

  • 80もの艦隊ミニチュア
  • 36の腐敗ミニチュア
  • 12の塗装メタルトークン
  • 4つのプレイヤー塗装メタルトークン
  • トリプルレイヤーボード
  • プラスティックトレイ

が付属している。こう言ってはなんだが、豪華すぎる。基本パックと比べてしまうと、こちらを選ぶことを半強制してくるレベルである。しかし価格が私を現実に引き戻す。なんと135ユーロ、日本円で約17,558円である。

(参照:kickstarter)

どちらも配送の予定は2023年2月とあるが、ここはあくまで予定だ。私はまったく信用していない。

ちなみにギャラクティックボックスについては、従来の小売店には販売されない予定である。キャンペーン後は、ウェブショップ、プレッジマネージャー、コンベンションで数量限定で直接入手できるとのこと。

*以前のプロジェクトのデラックスバージョンと同様に、ギャラクティックボックスが再版される可能性は低い。
*キャンペーン中に誓約した小売店から引き続き入手できる場合あり。 

言語依存

ここまで大きなボードゲームだ。もし入手したとしても、言語依存で遊ぶことができないとあれば悲しい。しかし、安心して欲しい。キックスターターページではこう説明が加えられている。

「ゲームは90%言語に依存せず、関連するゲームプレイテキストを含むコンポーネントは、テクノロジー、銀河イベント、および危機カードのみです。したがって、今回は英語を話さないコミュニティにより多くのオプションを提供します。」

先ほどプレッジの値段でうんうん唸っていた諸君に、こんなにも背中を押してくれる言葉があっただろうか。まだ残りの10%が心配だって?そうか、ならばこの説明も加えておこう。

交渉中の言語:ポーランド語、チェコ語、日本語、韓国語、中国語。このリストは、将来、より多くの言語で拡張できます。」

なんと、現在プロジェクトでは英語・フランス語・ドイツ語が確認されているが、上記の言語も加えて訳されるかもしれないと発表されている。

しかし注意してほしいのはあくまで「スタンダード版」に限った話であるということだ。

ただ、最近の日本のキックスタータープロジェクトのローカライズ情報を考えると、ギャラクティック版でも日本語化してくれる可能性もあるかも?

送料

日本の場合、スタンダード版で30ドル、ギャラクティック版で40ドルとして見積もられているが、あくまで見積もりの段階である。目安として考えていただければ幸いだ。

(参照:kickstarter)



ストレッチゴール

キックスターターの楽しみの1つとして重要な要素がこの「ストレッチゴール」である。ストレッチゴールとは、支援額によって新しいゲームシステムやミニチュアなどの追加要素が加わるシステムのことであり、支援者としては何度もページを訪れ、その度に開封されたストレッチゴールを見つめてわくわくするものだ。

最初から完成形を提示しないのはどういうことだ、という売り方の問題もたまに聞かれるが、私はストレッチゴールは一種のエンターテイメントだと思っているので、毎回非常にわくわくしながら楽しませてもらっている。

何より、支援することによって一緒にゲームを作り上げている・貢献できているという感覚をクリエイターさんと共有できるのが嬉しい。

今回のストレッチゴールでは、用意されているゴールがストーリー性をもって動いている。具体的には5つで1つのチャプターとして設定されている。現在確認されているストレッチゴールでは、チャプター2まで。プレイヤーが選ぶことのできる国家の1つが最終的なゴールとしてそれぞれ設定されている。

(参照:kickstarter)
(参照:kickstarter)



アドオン

プレッジであれほど豪華な装飾がされている今回のプロジェクトだが、さらにアドオンが存在する。アドオンとは、ゲームに付随するアクセサリなどをアワードに追加支援を行うことである。

(参照:kickstarter)

確認されているアドオンは1つ。トークン類がエナメル塗装され、メタル製になっている。画像を見る限り、重厚感があり見た目も美しい。銀河セクターを72の両面構造トークンでアップグレードし、両面にエナメルを塗装。 これらの3mm厚の金属ギルドとインスタレーションは、ゲーム内の段ボール片をアップグレードし、スタンダードボックスとギャラクティックボックスの両方にマッチする。 

アドオンはプレッジ選択時でも、キャンペーン終了時でも追加可能。価格は30ユーロ/35ドル、日本円で約3,902円である。





ゲームの流れと魅力

Voidfallは、いくつかの連動するゲームシステムとコンセプトを備えたリッチでディープな4Xグランドストラテジーゲームだ。ルールとメカニズムについてさらに詳しく知りたい場合は、進行中のルールブックBGGのデザインスポットライトを読むか、キックページにある動画をご覧になることをお勧めする。

フォーカスフェーズ

(参照:kickstarter)

Voidfallは、それぞれがゲーム内の約10年を表す3つのサイクルで再生される。

各サイクルの核心はフォーカスフェーズだ。フォーカスフェーズでは、4~7枚のフォーカスカードをプレイヤー順に1枚ずつプレイして、今後数年間の帝国の進路を設定する。

セクターの改善、生産の増強、艦隊の強化、攻撃の準備のいずれに焦点を合わせている場合でも、各フォーカスカードは、影響力のある3つのアクションのうち2つだけを選択するという難しい決断を下す。

セクター、インフラ、生産

(参照:kickstarter)

Voidfallは、他のほとんどのスペース4Xゲームよりも深く多様な経済を提供する。

経済ギルドや軍事に焦点を当てた施設を通じて、さまざまな方法でセクターを改善し、専門化することができる。

ギルドはそれぞれ、フォーカスアクション(食品、材料、エネルギー、科学)を促進するVoidfallの4つのリソース、または限られた量の自然リソースとして機能できるクレジットの1つを生成する。

セクターには、ギルドの生産乗数として機能する人口を増やすこともできますが、人口の多いセクターは、対戦相手にとってより魅力的なターゲットにもなりえることをお忘れなきよう。

Voidbornと腐敗

(参照:kickstarter)

次元間の隙間から出現するVoidbornは、ゲームに深く統合された威嚇するような存在だ。 

それは、人類を破壊するのではなく、人類を支配することを目的とした、理解できない、顔のない存在。それは腐敗を通して機能し、知識と力を約束して人間の心と体をねじり、抵抗するすべての人を打ち負かす。

(参照:kickstarter)

競争の激しいゲームでは、Voidbornの堕落した力があなたの拡大を妨げるだけでなく、エンティティはあなたの行動に反応し、必要に応じてそのセクターを強化する。

協力ゲームでは、銀河系の危機を引き起こし、弱点を見て反撃することで、その真の力を解き放つ。腐敗は、興味深いリスクと報酬のメカニズムとしても機能する。腐敗したセクターへの過度の拡大や、Voidbornの贈り物を自分で受け取ると、腐敗が自分の家にも現れる可能性があり、悲惨な結果を招く可能性が…。

艦隊

(参照:kickstarter)

あなたの艦隊力の管理は中央の緊密さを生み出し、戦略的な選択をあなたに提示する。

経済と影響力の向上のために、あなたの力を小さな帝国に集中させるか、あなたの力を大きな帝国のために使用して広めるか、またはあなたの艦隊力をその見返りに使う平和で危険な道を選ぶか。

艦隊の力は、それぞれ独自のニッチ、長所、短所を持つ5つの異なる型として展開することができる。

コルベットの艦隊を群がらせるか、展開が早いセントリーでラインを守るか。強力なドレッドノートで地面を保持したり、駆逐艦で拡張の先頭に立ったり、移動して信頼できるキャリアですぐに強化する準備を!

決定的な戦闘

(参照:kickstarter)

Voidfallの大規模なテーマの範囲と設計哲学により、宇宙戦闘は、より強力なものが常に優先される長い戦争を表している。

侵略には通常、真剣な計画と準備が含まれるため、Voidfallでの戦闘では、直感的なイニシアチブシステムを使用して、完全に決定論的な方法で戦闘結果を計算する。

ダイスロールやカードのドローによる運要素はない。攻撃を開始する前に勝つかどうかは常にわかるが、それは対戦相手も同じこと。スキル、準備、そして対戦相手の意図を読むことはここでの戦いに勝利し、そして戦闘の脅威は戦闘自体と同じくらい多くの緊張と興奮を追加する。

技術

(参照:kickstarter)

従来の技術ツリーの代わりに、Voidfallは合計26のテクノロジーを提供し、それぞれが非常に強力な改良バージョンにアップグレード可能。 

各シナリオは、8つの固定技術の独自の技術設定を中心にバランスが取れており、プレーヤー数と選択した国家に応じて3〜4の追加の可変技術によって補完される。

ゲームを変える永続的な効果に加えて、各技術には、調査するとすぐにボーナスがあり、ピンチで助けたり、不足している部分を戦略に提供したりできる。

(参照:kickstarter)

Houses in Voidfallのプレイヤーは比較的ローテクであり、Novarchの発明をリバースエンジニアリングしようとしているため、技術はかなり不足気味。

それぞれのコピーは2つしかない。改善された技術はさらにまれであり、それぞれのコピーが1つしかないため、技術の競争は非常にハイステークスであり、競争の激しいゲームのインタラクティブな部分になっている。

アジェンダ

(参照:kickstarter)

Voidfallの特徴的な独自機能の1つであるアジェンダを使用すると、影響スコア条件の独自のタブローを構築およびカスタマイズすることができる。 

アジェンダの設定を戦略に合わせて調整するか、計画をアジェンダに合わせて調整するんだ。各国家では、2つのアジェンダから始めて早期の方向性を提供することができ、合計4つを獲得できる。

フォーカスカードのアクションやその他のさまざまなソースを通じて、アジェンダを手札に引くことができる。

手札に入ると、各アジェンダタイプを特定のフォーカスカードと一緒にプレイして、強力なボーナス効果でブーストすることができる。次に、空いているアジェンダスロットの1つにアジェンダを配置して、各サイクルの終わりにスコアを付ける準備を開始。

テーマ性と非対称な個人ボード

(参照:kickstarter)

ドミネウムの8つの大邸宅の1つとしてプレイ。それぞれに独自の歴史、長所、短所、プレイスタイルが存在する。

House Valnis、Belitan、Dunlork、またはCortozaarとしてプレイ。4つの比較的類似した国家は、大衆を後押しするか、政治力を拡大するかの選択に直面した。次に、さらに深く潜ってハウスゼナーのクローン軍を率いたり、ロボット工学を通じてハウスネルボを文明のより高い段階に登ったり、ハウスアストランのミサイル防衛の安全の背後から銀河を炎上させたり、軽快な艦隊で群がらせたりすることができる。独創的で勤勉なハウスフェンラックス!






プレイヤーが使用する各国家

ここでは、プレイヤーが使用できる各国家について紹介していく。

VALNIS

(参照:kickstarter)

ヴォイドフォール以前のノバーチの忠実で確固たる同盟国であるヴァルニスは、ドミネウムで最も古い国家の1つである。

彼らの比類のない戦術力は、最高のノバーチ自身によって認められている。彼は、彼らをロイヤルノバーコン宇宙艦隊の先駆者として選出し、 現在ノバーチの艦隊技術を装備し、裏切りに動揺して、彼らは以前の指導者の地位を占めるという新しい目的を模索している。

BELITAN

(参照:kickstarter)

効率に取りつかれた国家・ベリタンのメンバーは、人間の感情が彼らの社会である油の多い機械を妨げるだけであることをすぐに認識した。

感情のない生活を条件として、彼らはゆっくりと人間性を理論や計算と交換し、直感を方程式から除外した。 その結果、ベリタンは予測とシミュレーションの達人になり、戦闘と経済の両方で比類のない効率を実現した。

DUNLORK

(参照:kickstarter)

高度な発電機と再生可能エネルギー源に特化した国家Dunlorkは、安定した電源で防衛システムと宇宙艦隊を運用するための型破りな方法を開発した。

エネルギー分配をより効率的に最適化するために、彼らの体でさえ、エネルギーを貯蔵および伝達するように変更され、複雑な機械の「生きているバッテリー」として機能している。

CORTOZAAR

(参照:kickstarter)

旧ドミネウムの時代、国家コルトザールはノバルコン宇宙海軍のエリート部隊のほとんどを提供していた。 重火器と戦闘での凶暴性に関する彼らの専門知識は、他の国家に彼らを恐れさせ、尊重させた。

主要な内惑星を周回するスターベースに配置された国家コルトザールは、ドミネウム全体の平和と秩序を維持するための最高のノバーチの最も強力なツールの1つだった。

FENRAX

(参照:kickstarter)

国家フェンラックスのメンバーは、ドミネウム全体で最高のパイロットであるだけでなく、最悪の状況でも船を飛ばし続ける専門家であると考えられている。

フェンラックスは人口の多い国家であり、力は数にあると信じており、強い交わりと友情の感覚を持っている。 彼らは常に一緒に固執し、チームとして働く-彼らの最小の船でさえ2人の乗組員によって操縦されていいるように。

NERVO

(参照:kickstarter)

旧ドミネウムの知的エリートである国家ネルボは、ロボット工学と自動化によって物理的な作業の必要性を完全に排除した。

彼らの故郷の惑星がゆっくりと自動化されたギルドの産業ディストピアに変わっていたので、その生産は巨大な生息船の建設に注ぎ込まれた。

ZENOR

(参照:kickstarter)

かつては天才科学者だったが、今ではねじれた心がコンピューターに保存されている。  国家Zenorは実際、以前の自己を絶えず複製する単一の意識であり、各クローンは特定の目的を果たすように調整およびプログラムされている。

ゼナーはヴォイドボーンの到着を予見し、先制攻撃の準備のために大規模な攻撃的な宇宙艦隊を用意した。

ASTORAN

(参照:kickstarter)

ドミネウムで最も容赦のない惑星の1つで過酷な条件の中で生活を送っていた国家アストランのメンバーは、必然的に人里離れた場所になり、あえて自分の領域に入る部外者に対して疑念を抱いた。

彼らの技術は主に防御と自己保存に焦点を合わせているが、彼らの最先端のミサイルシステムはボイドボーンに対して長距離攻撃を開始するように変更されている。

KRADMOR

(参照:kickstarter)

国家Kradmorは、かつて栄光に満ちた故郷の惑星で放射性降下物の生存者によって設立された。 彼らは、生命維持システムとして機能するサイバー強化された環境スーツなしでは決して見られない-実際、彼らの本当の見た目は謎に包まれている。

敵対的な環境への影響に対する彼らの抵抗力は、彼らをヴォイドボーンの腐敗に対して非常に弾力性のあるものにし、彼らの化学ベースの兵器はそれに対して非常に効果的であることが証明されている。





まとめ

いかがだったであろうか。

  • Voidfallは、プレイヤーのスキルと戦略に焦点を当てた、運が最小限のゲームメカニックで、大規模なスペース4Xエクスペリエンスを提供している。
  • ランダムなヘクスの配置に頼ることなく、粉々になったドミネウムの残骸を探索して取り戻す。
  • 銀河の征服によって広く拡大するか、小さな帝国を改善して専門化することによって発展。
  • 深く多様な帝国管理システムで、リソース、科学、クレジットのためにセクターを活用。 
  • Voidbornを駆除するか、プレイヤーを排除せずに決定論的な戦闘メカニズムを使用して対戦相手と戦闘。
  • Voidfallは、同じフォーカスで同じコアルールを使用して開発された3つのゲームモードを備えている。
  • 協力モードでは、侵入するVoidbornに対して一緒に立ち向かう。
  • 一方、競争モードでは、Voidbornの脅威の残党と、銀河系の覇権をめぐる敵の両方と戦うことを目的にしている。
  • ソロモードは協力ゲームのルールを使用しているが、Voidbornに対してあなた一人で戦わなければならない。 

Voidfallは、発見するコンテンツの組み合わせがほぼ無限にある、長持ちするデザインである。 すべての非対称国家、テーマシナリオ、特別なセクターとテクノロジーのセットアップは、興味深い新しいスピンを追加し、Voidfallの各ゲームを新鮮でエキサイティングなものにするだろう。 これらの要素を組み合わせたり、組み合わせを選択したりできる。

かつて繁栄していたドミネウムの帝国はもはや存在しない。

偉大な戦士と強力な艦隊は人間性を失い、宇宙よりも古い1つの実体の無知な操り人形になるまで歪められた。

兆候が見えた。 ささやき声が聞こえた。  Novarchsを信頼した。

そしてそれらすべてが私たちの世代の黙示録につながった。

Voidfall。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。