【ボードゲーム】Khôra: Rise of an Empireの紹介【Improvement of the Polis】




アゴラの広場では、市民の噂と驚きの声が飛び交っている。

その喧騒はどんどん大きくなり、今やお互いの声さえも聞き取りにくいほどだ。

それでもあなたは、民の議論に耳を傾けなければならない。

あなたの決断が、あなたの都市の発展を左右するのだから。

「Khôra: Rise of an Empire」

基本情報
  • テーマ:古代ギリシャ
  • 方式:対戦
  • 主要メカニズム:アクション選択
  • プレイ人数:2ー4人(おすすめは4)
  • 想定プレイ時間:50分前後
  • プレイ適正年齢:12歳以上
  • 入手難易度:★☆☆☆☆

Khôra: Rise of an Empireでは、プレイヤーは古代ギリシャでそれぞれの都市国家を束ねる首長となる。

栄誉も、文化も、経済も、軍事も発達していない状態から始まり、徐々に、しかし着実に成長速度を加速させながら、誰よりも多く勝利点を重ねることがこのゲームの目的だ。

9ラウンドという限られた時間の中で、どのアクションを選択し、都市を発展させていくかが悩ましい本作。

元はImprovement of the Polisという名でかつて日本で発売されていたゲームのリメイク作品でもある。

古代ギリシャで花開く、均整のとれた美しさ

この作品を一言で表すならば、「完成されている」ゲームだ。

決して少なくない要素が散らばっておらず、綺麗にまとまっているため、ゲーム中に思考が迷子にならない。

そのバランスの良さには西欧建築のシンメトリーさのような美しさすら感じる。

以下でもう少し詳しく内容を掘り下げていく。

ゲーム中にルールブックを開く必要なし

ゲームをプレイして感動したのは、ルールのまとまりの良さだ。

このゲームにはテーブル中央に置かれる共通ボードのほか、個人ボードが存在するが、セットアップ時を除きルールはこれらのボードで完結する。

処理を忘れたときにルールブックを参照することは非常に稀だ。

ラウンドの流れは個人ボードに記載、カードの効果やアイコンも簡潔でわかりやすいため、ゲームプレイにおける快適性はとても高い

かといってルールがシンプルすぎるわけでもなく、しっかりと悩ましく、噛みごたえのあるゲームプレイを提供してくれるのはとても好印象だ。

リアルなアートワークに思わずウットリ

美しさという点においては、アートワークもしっかりと存在感を出している。

私自身がこういったリアルなタッチのアートワークに目がないということもあるのだが、細かい部分まで描き込まれた本作は、何度プレイしてもうっとりするものがある。

また、古代ギリシャというテーマと世界観にも見事にハマっていて、文献でしか感じることができない「古代ギリシャ」を視覚的に楽しませてくれ、よりゲームのワクワク感を増長している。

プラスアイテム
別売のメタルコインは重さもあり、よりゲームへの没入感を高めてくれる。

全部やろうは馬鹿野郎

本作のメインメカニズムはアクション選択だ。

プレイヤーは、ラウンドごとに以下のアクションから何を実行するかを選び、着実に都市を発展させていかねばならない。

選べるアクション
  • 0.哲学
  • 1.立法
  • 2.文化
  • 3.交易
  • 4.軍拡
  • 5.政治
  • 6.進歩

この中から最初は2つを選び、実行していく。

文化の発展を急ぐか、交易で金銭を稼ぐか、はたまた軍拡で軍事に特化していくのか。

何を優先して、何を切り捨てるのか。

全部をそつなくこなしていくのが正解なのか、何かに特化して突き進むのは失敗なのか。

それを決定づけるのは、なにもプレイヤーの意思だけではない。

このゲームはアクション選択の前にダイスを振ることで、基本的にその出目以下のアクションのみが実行できるのだ。

まさにゼウスの選択。

つまり、5や6が出ないと政治や進歩は実行できないのだ。

そして、都市発展の方向性を決定づけるのが次に書く個人能力の違いだ。

スパルタ?アテネ?コリントス?

本作では、それぞれ7つの都市国家(ポリス)の首長のうちの1人を担ってもらう。

個性豊かな7つの都市国家
  • オリンピア:古代オリンピックが行われた地。
  • スパルタ:世界最強の重装歩兵軍を携える厳格国家。
  • ミレトス:タレスを始めとする多くの哲学者を有する。
  • アテネ:中心部にはパルテノン神殿がそびえ立つ。
  • テーバイ:精強を謳われた「神聖隊」の他、オイディプス伝説の地。
  • コリントス:交通と交易の要衝として繁栄。圧倒的経済力を誇る。
  • アルゴス:広大なアルゴス平野は要塞・居住区として栄えた。

都市国家はそれぞれ独自の特殊効果をもち、ギリシャの都市の発展に寄与する。

ある者はその内に秘めたる知識を、ある者は有り余る経済力を、そしてある者はカリスマ的な軍事力を持って。

完璧を追い求めて

まだプレイしていないあなたに伝えるならば、「このゲームで全てをやり切ろうとするな」と忠告しておこう。

多くのゲームでもそうであるが、ゲームは突然終わりを迎えるものだ。

9ラウンド制をとっている本作だが、進行は意外にもトントンと進む。

気づけば最終得点計算でゲームは幕を閉じる。

「やり切れなかった」思いが、次のゲームへの起爆剤となり、君をさらに強い首長へと導くだろう。

総評

対戦型ボードゲームに触れ、ある程度慣れた方なら人を選ばず好まれる良作だと言える。

元のImprovement of the Polisの頃から整っている作品だが、アートワーク等が一新され、さらにプレイアビリティが向上している。

60分程度で1ゲームを終えられる部分も中量級としては手を出しやすく、重宝できるだろう。

長所
  • グラフィック、ゲームプレイ、操作感と均整のとれたバランス感。
  • シンプルすぎず、複雑すぎないながらもがっしりゲームをさせてくれる。
  • あと数ラウンドあれば…で終わってしまうため、自然とリプレイしたくなる。
短所
  • バランスがいい分、尖っている部分はない。
  • 個人能力に若干偏りがある(私は偏りある方が好き)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です