【ボードゲーム】ISS Vanguard の紹介【Awaken Realms】

不可能なミッションは、不可能な技術を必要とする。 ようこそ、エイリアンの残骸と最先端の科学が融合した世界へ。 ヴァンガードを置いて、他の船が成功することなどありえない。 これは、人類が星を目指す唯一のチャンスだ。

どうもみなさん、ひかふれです。

ついに、ついに来てしまいました…!

待ちに待って、待って、待って、恋焦がれた…!

そう、「ISS VANGUARD」!!!

もうね、どれだけ待ったか。

ファンを待たせるのもいい加減にしなさいよと。

思い返せば、このボードゲームとの出会いは、去年の年末。

キックスターターで手に入れた「テインテッドグレイル Tainted grail」にちょこんとついてきた、アートブックでした。

photo by Hikafre

もう見た瞬間、蹴ることを決意。

それから、約1年間。

くる日も、くる日もキックスターターを眺める日々。

そして、やっとキャンペーンのドラフトページが公開され、公式情報が明らかになりました。

もうね、ここのメーカー、デザイナーに首っ丈なのですよ。

では、まだ全貌が明らかになってはいないのですが、少しずつ読み解いていきましょう。



ISS Vanguardとはどんなゲーム?

ISS VanguardはAwaken Realmsから発売予定の大型ボードゲームです。

現在、発売日程は不明ですが、今後随時情報がでてくるでしょう。

予定されているプレイ人数は1-4人

ここのメーカーは、拡張で5人拡張をよく出すので、目を光らせておきましょう。

協力プレイが特徴で、人類初の銀河探査を指揮しながら、星々の間の驚くべき冒険に没頭することができるゲームとなっているようです。

どうやら今作では、戦闘ではなく、「探索」に焦点を当てたストーリーヘビーゲーム。

ストーリーは、ナレーションピースを含む「ミッションログ」と、プレイヤーが特定の行動をとった時に現れる「ダイヤログ」で構成されています。

そして、Awaken Realmsに代表されるゲーム(ネメシス「Nemesis」、ティンテッドグレイル(Tainted Grail)、Etherfields、Lords of Hellas、This War of Mine)は、その大きな魅力として「圧倒的世界観を表現するアートワーク」「作りこまれた物語」が特徴的です。

今回も例にもれず、Krzysztof Piskorski 氏(テインテッドグレイル『Tainted Grail』のリードライター)が作り上げたストーリーは、困難な選択、想像を絶する発見、ありそうでなかった同盟国の存在など、壮大なスペースオペラの中心にあなたたちを引き込んでくれるでしょう。

また、このゲームにユニークな外観を与えるために、新たにリードアーティストのDominik Meyer氏を迎え、「宇宙探査の黄金時代の物語」をベースにした刺激的なビジョンを描き出しています。



Welcome aboard ISS Vanguard

photo by Artbook

ここは作戦の司令部であり、あなたたちが幾多もの難しい意思決定を行う場所です。

  • 次にどのようなシステムや惑星を探索するのか?
  • どのような技術を開発するのか?
  • どのような研究を行うのか?
  • どのような着陸船を作る、あるいは改造するのか?
  • どの異星人文化を研究するのか?
  • 次の着陸のためにどのクルーを選ぶのか?

ヴァンガードのミッションは人類を新たな未来へと導くのか、それとも船は広大な宇宙の闇の中で跡形もなく消えてしまうのか?

ゲーム内では、これらのメカニクスは、ユニークなコンポーネントによって表現されます。

(参照:gamefound)

美しいダンボールの仕切りと、多くの興味深いメカニクスの一部である印刷されたカードスリーブ付きのカード収納ページを含む高品質のバインダーです。

このシップブックは、マニュアル(豊富で視覚的なルール提示付き)、ゲームセービングメカニズム、ミッションの間にプレイする戦略的な決定センター、そして収集した発見と技術の要約としての役割を果たします。



LEAD YOUR SECTION

photo by Artbook

人類初で唯一のマルチジェネレーション・ミッション。

その準備には数十年を要し、船とそのシステムの綿密な計画から社会的・政治的シミュレーションに至るまで、あらゆることが行われました。

そこで、クルーが敵対的な派閥に分裂するのを避けるために、4つのセクションからなるシステムが作られました。

(参照:gamefound)
(参照:gamefound)
(参照:gamefound)
(参照:gamefound)

プレイヤーとして、あなたはキャプテンに次ぐセクションのリーダーとなります。

プレイヤーは、1人のキャラクターではなく、セクションを統括しているのです。

セクションリーダーの使命は以下の通り。

  • セクションギアのアップグレード・開発
  • ミッションに関する多くの意思決定

そして最も重要なこと…。

それは、セクションのために人をリクルートしたり、彼らを開発したり、必要に応じて彼らの世話をしたりすることです。

(参照:gamefound)

リクルートは、潜在的な候補者の膨大なプールからドラフトされます。

そして、それぞれがユニークな能力を持っています。

各セクションの特典がよくマッチしていることが多いので、あなたが最も欲しいリクルートを他のプレイヤーと競うことになります。

クルーメンバーはミッション中に経験値やランクを獲得しますが、傷を負ったり死んだりすることもあります。

探索すべき危険な世界に直面したとき、初心者を選んで経験値を稼がせるのか。

それとも成功する可能性が高い上級デッキを持った経験豊富なクルーを危険にさらすのか。

能力がこの惑星と相性がいいからといって、怪我をしたクルーの回復時間を削って、怪我をしたクルーを無理やり復帰させるべきなのか?

その選択はしばしば難しいものになるでしょう。



Ready for a mission?

photo by Artbook

各ミッションは1~2時間のセッションで、選択した惑星や他の探索可能なオブジェクトを探索します。

キャンペーンで何個のミッションを達成するかはあなた次第ですが、物語を進めるためには様々な世界からの発見が必要になります。

ミッションを成功させるのは簡単なことではありません。

まず、事前に惑星をスキャンし、地表の危険や状況を知り、接近してくる危険を発見するためにどれだけのエネルギーと時間を費やすかを決めることから始めましょう。

あなたが着陸した惑星は、多くの部分的にスクリプト化された、部分的に手順を踏んで生成された惑星ボードで構成された本で表現され、ストーリー体験とリプレイ性の素晴らしいバランスを提供してくれます。

同じボードを使用している惑星でも、探索中に発動する惑星全体の効果や警告、タスクが異なるなど、非常に異なったプレイが可能です。

(参照:gamefound)

目的地が決まったら、宇宙船、クルー、装備品、そして着陸船に乗る位置を決めましょう。着陸は危険なプロセスかもしれないので、船を傷つけたり、クルーを傷つけたり、貴重な貨物を失ったりしないように準備をしておきましょう。

(参照:gamefound)

着陸したら、惑星の探索を開始することができます。

あなたのクルーのカスタムサイコロを使って様々な実験を行い、周囲についてできるだけ多くのことを学び、ミッションを完了させようとします。

サイコロのほとんどは異なっていて、実験ごとに好きなだけ使うことができますが、ターン終了時には通常3つのサイコロしか回復できません。

リスクを冒して、最低限のサイコロを振るか?

それとも、惑星の多くのセクターで利用可能なエキサイティングなボーナスを狙うか?

クルーメンバーの特別なサイコロを使い切るのはこのタイミングなのか?

それとも、地平線に迫る別のタックのために取っておくべきなのか?

使用済みのサイコロもこの方程式に含まれます。

多くの効果はターンの後半になるとアンロックされます。

さらに、それだけでは十分ではないかのように、あなたは永久にダイスを犠牲にして別の必要なダイスを補充することができ、あなたのキャラクターはミッションの残りの部分で弱体化したままになります。

ダイスとは別に、あなたのキャラクターはコストフリーの特別なカードを持っていて、結果を修正したり強化したりすることができます。

(参照:gamefound)

惑星内のセクターを移動するのは、多くの危険が存在し、またトリッキーです。

持ち運べる物資には限りがあるので、時間が最大の財産となります。

しかし、物資が尽き、サイコロの数が減り、ネガティブなステータスが増えてくると、徐々にリスクが高くなってきます。

あなたは何に遭遇するでしょうか?

驚く準備をしましょう。

人工物で埋め尽くされた、生命のない墓場の世界。

興味深い生態系や奇妙な自然現象、そして意識のある生命体。

どの惑星にもユニークな発見があり、それをヴァンガードに持ち帰ることができます。



Mission log

photo by Artbook

惑星で起こったいくつかの出来事は、特別なミッションログとして、ユニークな方法で伝えられます。

このログには、調査ノートやフィールドレポート、さらにはクルーとヴァンガードのブリッジとのダイヤログが含まれており、重要な決断を迫られることもしばしばあります。

さらに重要なのは、これらのログはセーブシートと統合されていることで、追加のコンポーネントを必要とせずに、可能な限りシームレスに体験できるようになっていることです。

ログは、あなたのグループを飽きさせない分岐したストーリーで、驚くべき冒険に連れて行ってくれます。



Skin in the game

photo by Artbook

ISS Vanguardは完全な協力プレイでありながら、セクションごとにゲーム内にスキンが用意されています。

特定のことをすることで成功トークンが得られ、それを使ってヴァンガードへの搭乗を強制的に決定させたり、クルーや装備のドラフト時に最初のピックを獲得したりすることができます。

しかし、ミッションで獲得した成功トークンの総数によって、チーム全体のランクが上がるかどうかが決まることもあります。

危険を冒しすぎると、お気に入りのキャラクターに致命傷を負わせてしまう可能性があり、他のプレイヤーが助けに来なければならなくなるので、ここには慎重なラインを踏む必要があります。

…もし全員が失敗した場合、あなたたちはもう一つ、悲惨な決断を迫られることになるのですから。



まとめ:ISS Vanguard

photo by Artbook

とてつもなく、楽しみです。

そもそもまだ登場すらしていないため、情報がほとんどありません。

なのに、このあふれ出る魅力。

新たな情報があれば、どんどん追記していく所存です。

また、気になる言語依存ですが、なかなかにハードそうです。

もしテインテッドグレイル(Tainted Grail)やEtherfieldsレベルのテキストが来れば、また箱を愛でる日々が待っているのかもしれません。

和訳自体はしようと思っているので、気になる人は一緒に蹴りましょう!

では、続きは詳細がわかった時に。

以上、ISS Vanguardの紹介でした。

他の記事も見てみてね!

【ボードゲーム】テインテッドグレイル Tainted Grail:The Fall of Avalonの魅力を紹介!【ダークファンタジー】

2020年4月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。