【ボードゲーム】Human Punishment:The Beginning の紹介





人類は終わりに近づいている。

世界はマシンによって支配される寸前だ。

この機械革命に抗うことができるのは、「ゴースト」と呼ばれる政府機関のみ。

しかし、彼らが奮闘する裏で、街全体では良くない動きをする者も。

ゴーストの一員として、生存することができるのか…?





ゴーストとはなんなのか。

(参照:Kickstarter)

「Ghost Squad」

通称ゴーストとは、政府が設立したにもかかわらず、常に疎まれてきた組織だ。

しかし、世界が危機に瀕している今、我々ゴーストが存在していることに市民は非常に感謝しているはずだ。

彼らは類稀なる能力を有し、全てのタスクを完璧に遂行してきた。

身体的・精神的な全ての要求を受け入れ、最悪のシナリオでも彼らの準備は常に万端といえよう。






正体隠匿の重量級ゲーム

(参照:BGG)

あまり他に類を見ない、正体隠匿要素を含む重量級ゲーム。

直近で言うと、NEMESISあたりが似ているように思える。

このゲームもNEMESIS同様、表向きは協力しながら、裏では個人目標の達成に奔走する。

プレイ時間も2-3時間を要するため、非常に濃厚な時間を堪能することができるだろう。


そして面白いのは、2重の隠匿要素だ。

1段階目の正体隠匿要素として、各派閥に分かれる今作であるが、さらにその秘密裏に個人目標も存在しているというのだ。

仮に派閥としての勝利条件を達成しても、個人目標を達成していないならば、真の勝利とはならない。

まさに、正体隠匿としては奥行きが非常に深いゲームと言えるだろう。






プレイヤーが演じる各派閥

HUMAN 人間

(参照:Kickstarter)

ゲーム開始時は過半数を占めている人間サイド。

彼らの目的は安全にデータチップを運搬・ネットワークを保護し、「APEX」を完成させること

しかし、ゲーム途中では他の派閥から勧誘を受けることで優位性を失うことも…。




MACHINE 機械

(参照:Kickstarter)

ゲーム開始時ほとんどの場合で、少数存在している。

彼らの目的は人間のデータチップを汚染し、倉庫にある資源全てを破壊すること。

同時に破壊兵器「DEUS」を完成させることを目論んでいる。

また、彼らは人間が誰であるかの情報を把握しており、もし人員が不足した場合は、人間を勧誘することができる。




LEGION 兵団

(参照:Kickstarter)

もしこの派閥がゲームに参加する場合は1人からスタートするが、要件を満たすことで1-2人を感染させることができる。

彼らの目的は、密かに街のセキュリティレベルを下げ、敵の脅威レベルを最大まで上げることだ。

この達成のために、彼らはクローラーと呼ばれる信者を使い、卑劣なトリックも使用してくるだろう。




FALLEN 堕落者

(参照:Kickstarter)

時々、1人のプレイヤーがこの状態に陥るだろう。

間違った追跡と情報を通じて、彼はデータチップをネットワークへ送信しようとする

この派閥は常に1人であるが、彼の勝利条件は他の全ての派閥の勝利条件を上書きするため、ゲームを予測不可能なものにするだろう。




OUTLAW 無法者(ノンプレイヤー)

(参照:Kickstarter)

彼らは街の片隅より出でる無法者。

街の重要なリソースを大幅に減らし、路上での危険を上昇させる。

誰がこの無法者等の暴虐を制御する?




以上が各派閥とその勝利条件であるが、これとはまた別に個人目標が存在する。

これが達成されないと、真にゲームに勝利することはできない。








ゲームの流れと特徴

(参照:Kickstarter)

今一度、ゲームの概要を説明した後、少し詳しく流れをみてみることとする。



君たちプレイヤーは、ゴーストの一員だ。

ゴーストはそれぞれ独自のスキル、アクション、そしてタレントツリーを持ち合わせている。

(参照:BGG)



ゴーストの使命は、ファイアウォールで中央ネットワークを保護することにある。

彼らの敵であるマシンが「Human Punishment」ウイルスをアップロードし終える前に



しかし、全てのプレイヤーが同じ目標を持っているわけではない。

プレイヤー数に応じて、様々な派閥が関与する可能性があるからだ。

(参照:Youtube)

しかし、誰がどの派閥が、何人潜んでいるかは、わからない…。








セクターからネットワークへデータチップを運べ

このゲームの主要な部分は、データチップを拾い、それをネットワークまで運搬することだ。


データチップを入手できるセクターは3つある。

各セクターには独自のチップと要件が存在している。


データチップを取得した際にとれる行動は2つ。

すぐにジャンクヤードに投げるか、ネットワークに運搬するかのどちらかだ。

ジャンクヤードとは、要はゴミ箱だ。

(参照:Youtube)

適切なチップでなければ、この選択肢になるだろう。


さて、ネットワークにアクセスするには、次の2つの方法がある。

(参照:Youtube)



1つは短いルート、街の真ん中を突っ切るルートだ。

このルートでは「街」に重要な影響を与えることができる。

(参照:Youtube)

または「ダークネット」で強力なプログラムを購入することができる。

(参照:Youtube)

このプログラムはあなたに強力なスキルを与えるだろう。



もう一つの長いルートでは、あなたをネクサスに導く。

ネクサスとは、人間の秘密兵器を作る場所のことだ。

(参照:Youtube)

秘密兵器である巨大メカ、「APEX」だ。

また、途中でモノリスに立ち寄ることもできる。

(参照:Youtube)

強力でユニークな「偵察カード」を入手することができる。

偵察カードは仲間のプレイヤーに関する秘密の情報を明らかにする。

しかし、入手できるのは「あなただけ」だ。

そして、あなたがこの長い道のりを選ぶなら、「スキャナー」を自動的に収集することができる。

(参照:Youtube)

スキャナーにより、ネットワークにデータチップを表向きで配置することが可能となる。






ターンの説明

ターンは大きくアクションフェーズ、アクティベーションフェーズ、そしてイベントフェーズで構成される。

(参照:Youtube)






アクションフェーズでは、手札を引くことから始まる。

その後、自身のゴーストを

  • 他の場所へ移動させる
  • 敵を攻撃する
  • 特別なロケーションスキルやキャラクタースキルを使用する

といったことができる。




次はアクティベーションフェーズだ。

ダイスを振り、どんな敵が、どこに出現し、どう動くかを決定する。

(参照:Youtube)


オレンジ色のダイスは敵がアクティブになっているエリアを表す。

アクティブな敵はプレイヤーを攻撃するだろう。

赤いダイスは、次にどんな敵が出現するかを表す。


2つの白いダイスは、敵の出現位置を表す。






イベントフェーズ。

アクティブプレイヤーは、デッキからイベントカードを引く。

(参照:Youtube)

イベントに対処するには、プレイヤーたちは最大3枚のカードを裏向きにしてテーブルに置く。

これはイベントの結果に影響を与える要素となる。

そして追加で2枚、共通デッキからもカードが引かれる。

プレイヤーが4人で3枚ずつ出したなら、3×4+2=14枚となるわけだ。

出されたカードはシャッフルされ、結果が合計される。

(参照:Youtube)

合計値により、イベントカードのどの部分が解決されるかが決定する。




次にプレイヤーの番だ。

3つのデータチップがネットワークの最初の層に配置された時すぐに、人間フェーズが始まる。

(参照:Youtube)

3つのチップ全てが裏向きにシャッフルされた後、表向きで公開される。

これで、どのデータチップがネットワークに配置されたかが誰にでもわかるわけだ。

(参照:Youtube)

しかし、誰がそのデータチップを入れたのかまではわからない。


さらに3つチップが第2段階に配置された後、今度はマシンフェーズが始まる。

ここでいくつかの派閥が秘密の情報を入手する。

特定の要件を満たしている場合、密かに派閥を切り替えることが可能になる。



ネットワークで新しいレベルに達するとすぐに、イベント、プログラム、敵の強さが変わる。

こうして十分なチップがネットワークに配置されると、ゲームは終焉を迎える。

または、他の勝利条件が満たされた場合にも終了だろう。







あなたは人類の救いになるのか。

または流れに身を任せるか。





サイバーパンクな雰囲気が醸し出す正体隠匿ゲーム。

そそるぜこれは。




Human Punishment:Beginning

基本情報

SF/正体隠匿

3-6人

120-180分

ピックデリバリー/ダイス

Stefan Godot

2021/9発売予定

8
 
 

アートワーク

7
 
 

テーマ・世界観

7
 
 

言語依存

5
 
 

ゲームの複雑性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。