【ボードゲーム】Canvasの詳しいルール紹介【キックスターター】

(参照:BGG)

こちらは、Canvasの詳しいルール紹介の記事になります。

この記事で使用している画像等は全て
https://boardgamegeek.com/boardgame/290236/canvas/files
からの引用になります。

注意
このルールはまだ最終段階のものではないので、適宜変更される可能性がありますのでご注意ください。

元のキックスターターのページはコチラから。

ルールブックはコチラになります。

また、そもそも「Canvas」ってなに?という方はコチラの記事をまずご覧ください。

▼Canvasの魅力を紹介▼

【ボードゲーム】キャンバス(Canvas)の魅力を紹介!【キックスターター】

2020年4月23日





概要

あなたは絵画コンクールに出場している画家です。

プレイヤーはゲームの中でアートカードを集め、それらを重ねて絵画を作成します。

選択したカードを配置する順序に応じて、さまざまなスコアリング条件を発動するアイコンを表示または非表示にしていきます。

さらに、それぞれのカードの組み合わせによって、完成した絵のための楽しいユニークなイラストとタイトルが作成されます。


すべてのプレーヤーが3つの絵画を完成させると、ゲームが終了し、最も多くのポイントを獲得したプレーヤーがBest In Showを受賞します!

(参照:kickstarter)





アートカードアイコン

(参照:kickstarter)

デザインには4つの要素があります。
各スコアカードには、得点を得るために異なる要素が必要です。


(参照:kickstarter)

ボーナスアイコンは、同じ絵の指定された要素ごとに2点を獲得します。
左なら、Hueが1つあれば2点獲得できます。

ボーナスアイコンは要素ではないため、スコアにカウントされません。


(参照:kickstarter)

カラー見本は、アイコンがあるスロットを識別するための視覚的な補助です。

たとえば、赤いスウォッチは常に左端のスロットにあります。


セットアップ

(参照:kickstarter)
  1. キャンバスマット (A) を中心に置きます
  2. 4枚のスコアカード (B) をキャンバスマットに並べます
    4枚のカードを自由に組み合わせて使うこともできますし、最後のページにあるSccenarioの設定を使うこともできます
    最初のゲームでは、Variety、Repetition、Emphasis、Compositionでプレイしてみてください
    残りのカードは箱に戻してください
  3. 色付きのリボントークン (C) を4つの山に分けて、キャンバスマットの対応するリボンアイコンの横に配置します
    グレーのボーナスリボンを近くの別の山に配置します
  4. アートデッキをシャッフルして (D) 、デッキボックスに入れます (E)
    デッキスペースにデッキボックスを配置します
    デッキの左側のスペースに、表を上にして5枚のカードを引いて配置します
  5. 各スリーブに背景カード (F) を挿入します
    それぞれのプレイヤーは3つのスリーブの背景カードを持ちます
    残りの背景カードを箱に戻します
  6. 各プレイヤーは4つのインスピレーショントークン (G) を取ります
    残りのトークンは箱に戻してください
  7. 最後に絵を描いたプレーヤーがスタートプレイヤーになります





ゲームプレイ

ゲームは最初のプレーヤーから時計回りに進みます。

プレイヤーができるアクションは2つ。

アートカードを作成するか、絵を完成させるかです。

すでに5枚のアートカードを持っている場合は、絵を完成させなくてはなりません。

(参照:kickstarter)



アートカードを作成する

アートカードが5枚未満の場合は、マットからアートカードを取ることができます。

カードは無料でデッキから一番遠いところ(一番左)のカードを持っていくこともできますし、カードをスキップして列の奥にあるカードを持っていくこともできます。

その場合、スキップしたすべてのカードにインスピレーショントークンを配置する必要があります。

取得するカードにインスピレーショントークンが含まれている場合はカードと一緒に取得することができます。


アートカードを選択したら、キャンバスマットの矢印の方向にカードをスライドさせます。

最後にデッキから新しいアートカードを1枚出し、デッキの横の空いているスペースに配置します。

(参照:kickstarter)

Ex. アビーは3番目のカードを選びました

彼女は自分のインスピレーショントークンを1枚目と2枚目のカードに配置し、3枚目のカードを取ります


(参照:kickstarter)

カードは左にスライドして空きスペースを埋めます

新しいカードが引かれ、右側に配置されます


(参照:kickstarter)

シャーロットは2番目のカードを選択します

彼女は1枚目のカードにトークンを1枚配置し、2枚目のカードをアビーが前に配置したトークンと一緒に取得します



絵を完成させる

あなたのアートカードをちょうど3枚選び、あなたの背景カードの1枚と組み合わせてください。

アートカードは、どのように重ねてもかまいません!

表示されているアイコンのみがカウントされ、隠れているアイコンは無視されることに注意してください。

余ったカードは将来の絵画に使うためにとっておきましょう。



(参照:kickstarter)

アビーは彼女の手から3枚のカードを選び、それらを彼女のスリーブの1つに重ねて置きます

彼女は今のところ、残りの2枚のカードを持っているため、それらを横に置いておきます


自分の絵を他のプレイヤーに見せて、そのタイトルを読みましょう。

次に絵画のアイコンを各スコアカードの状態と比較します。

絵画がある条件を満たすたびに、リボンをゲットすることができます。

同じ絵で複数回のスコアリング条件を満たすことができるため、一度に複数のリボンを取得することも可能です。

原則として、各アイコンはスコアカードごとに1回しかカウントできません。

スコアカードの説明については、カードの裏をご覧ください。

スコアカードのポイントを最大化している場合は、その条件のリボンをそれ以上取得することはできません。

ボーナスアイコンに一致する各エレメントのボーナスリボンにスコアを付けます。




Ex. シャーロットは絵を完成させました

(参照:kickstarter)
(参照:kickstarter)
(参照:kickstarter)

絵は2組の三角形があるので 、彼女は2本の緑のリボンを取得しています


(参照:kickstarter)

5つのスロットはすべて埋まっているので、彼女は紫のリボンを取得します


(参照:kickstarter)

この絵画には、ボーナスアイコンに一致するテクスチャが1つあるため、ボーナスリボンを1つ取得します


ゲームの終了

ゲーム終了は、すべてのプレイヤーが3つの絵画を完成したときです。

3つの絵画が完成すると、すべてのプレイヤーが3つの絵画を完成させるまで順番がスキップされます。


次の値を合計してスコアを計算します。

  •  同色のリボンのセットごとのスコアポイント
    スコアカードにポイントが表示されます
    同じ色のリボンをたくさん集めるほど、得点が増えます
  • ボーナスリボンにつき2点


得点の多い方が勝ちです。
同点の場合は、インスピレーショントークンの数が多い方が勝ちです。
それでもまだ同点の場合は、2位のプレイヤーが引き分けたプレイヤーの作品を審査し、勝者を宣言します!



スコアリングの例

(参照:kickstarter)

上記の場合、総合スコアは26点になります



ソロバリアント

ソロゲームでは、できるだけ高いスコアを出すのが目的です

ゲームの最後に、スコアを以下の結果と比較して、成功のレベルを判断します

ソロモードでは次の例外を除いて、通常のルールに従います

一番左のアートカードの横に4つのインスピレーショントークンの供給山を作成します

インスピレーショントークンを配置する場合、アートカードに配置しないでください

代わりに、それらを供給山に配置します

スキップされたアートカードはゲームから破棄されます

アートカードを取り出したら、残りのアートカードを左端までスライドさせ、空いているスペースをすべて補充します

一番左のアートカードを取るたびに、供給山からインスピレーショントークンを1つ獲得します

絵画が完成するたびに、供給から1つのインスピレーショントークンを獲得します

インスピレーショントークンが供給山にない場合、あなたはインスピレーショントークンを取得できません


(参照:kickstarter)

Ex. シャーロットは3番目のカードを取りたがっています

彼女は最初の2枚のカードを廃棄するために、2枚のインスピレーショントークンを供給山に支払います

そして、彼女は3番目のカードを取ります



ソロプレイ時の採点

• Best In Show(40ポイント以上)

• 次点(35-39ポイント)

• 佳作(30~34ポイント)

• 新進アーティスト(25-29ポイント)

シナリオ

次の設定を使用して、さまざまなグループのプレーヤーに合わせてゲームを調整します。

各スコアカードの背面には、独自のセットアップをカスタマイズするための複雑度評価機能があります。


(参照:kickstarter)

【ボードゲーム】キャンバス(Canvas)の魅力を紹介!【キックスターター】

2020年4月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。