【ボードゲーム】Alice is Missingのゲームの流れを解説【キックスターター】

(参照:kickstarter)
https://www.kickstarter.com/projects/huntersbooks/alice-is-missing-a-silent-role-playing-game/description

こんにちは、ひかふれです。

先日紹介した、

「Alice is Missing」

やっぱり海外のボードゲームですから、もう少し詳細が欲しいですよね!

キックスターターのページはコチラ。

今回、この記事では

記事の内容
  • Alice is Missingとは
  • ゲームの流れ
  • ゲームに必要なもの

 

についてまとめました。

ゲームの解説にあたっては、以下の動画を参考にさせていただきました。

補足
当ページで使用する画像等は基本全て上記動画からの引用であり、開発元および動画作成者より紹介の許可もいただいております。

この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

ではいきましょう!



Alice is Missingとは

Alice is Missingってなに?

どんなゲームなの?

というかたはまずコチラの記事をどうぞ。

【ボードゲーム】Alice is Missingの紹介と魅力【キックスターター】

2020年6月3日




プロローグ

出典:https://www.kickstarter.com/projects/huntersbooks/alice-is-missing-a-silent-role-playing-game/description

この静かなRPGのプレイヤーは、北カリフォルニア、ハムレットのサイレントフォールという静かな街で10代の役を演じます。

「ある日、あなたたちの共通の知り合いであり、地元の高校の生徒であるアリス・ブライアーウッドが行方不明になりました。」

2時間から3時間のゲームセッションでは、プレイヤーはテキストメッセージを使って他のキャラクターとコミュニケーションを取り、その背景を探る手がかりを得て、なぜアリスがいないのかという謎を解き明かそうとします。




ゲームに必要なもの

1 静かなスペース

2 携帯電話などのメッセージが送れるデバイス

3 ラップトップやデスクトップのPC

携帯はテキストメッセージをやり取りする上で必要不可欠です。

デスクトップのPCが必要な理由は、ヒントカード等を遠隔のプレイヤーと共有するためのものです。



セットアップ

セットアップは進行役の決定から始まります。

このプレーヤーは指示を読み終え、プレイヤーにゲームのルールについての簡単な説明を行います。

このゲームには正式なGMもゲームマスターも存在しません。

進行役は、ルール参照役であると同時にプレイヤーでもあります。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

一通りの注意事項を説明した後、進行役はイントロダクションカードを読み、ランダムにゲームの行方不明者のポスターを選択します。

出典:https://www.kickstarter.com/projects/huntersbooks/alice-is-missing-a-silent-role-playing-game/description

それからキャラクターカードを並べ、進行役はチャーリーバーンズを選びます。

同様に、他のプレイヤーもそれぞれキャラクターカードを取得します。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

使わなかったキャラクターカードとポスターは箱に仕舞います。

キャラクターカードには、「名前」「アリスとの関係」「背景」「秘密」「アリスにボイスメールを残した理由」が記されています。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

注意
この時点でプレイヤーは自分の背景や秘密について考えることができますが、まだ答えを共有してはいけません。

次に進行役はランダムに選ばれた動機カードを各プレイヤーに渡します。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

動機カードにはプレイヤーの行動の動機が含まれており、ゲームの選択に影響を与えます。

キャラクターがゲーム中に行うことや、過去の選択のいくつかが含まれているかもしれません。

動機カードはまた、他のプレイヤーに割り当てられる2つの関係が含んでいます。

プレイヤーのキャラクターが他のプレイヤーに感じ、反応する方法に影響を与えます。

チャーリー・バーンズから始まり、時計回りに、プレイヤーは自分のキャラクターの名前、身体的な説明、アリスとの関係、そして背景を紹介していきます。

秘密だけはまだ話してはいけません。

プレイヤーはテーブル上でお互いに関係性を決定します。

開始前に他のプレイヤーの連絡先を自分のデバイス上のキャラクターの情報に変更する必要があります。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

これにより、ゲームへの没入感が増し、ストーリーをより簡単に理解できるようになります。

次に進行役が部屋を出て、音声録音アプリを使って、チャーリーバーンズからアリスへのボイスメールを個人的に録音します。

その後、各プレイヤーは進行役のデバイス上で、彼女が行方不明になっていることを知る前に、アリスへの最後のボイスメールを個人的に録音します。

ボイスメールは各キャラクターの秘密を連想させるものでなければなりません。

進行役は、テーブルの上に容疑者カードと位置情報カードを表向きにして1枚ずつ表示します。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

それぞれ5人が交代でグループの中から1枚のカードを選び、そのカードとアリスの失踪に関連した疑惑を説明します。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

次に進行役はカードを表向きにしてそれぞれのデッキをシャッフルします。

さらに、探索カードをプレイヤー全員の手の届くところに置きます。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

ここで、Alice is Missingのプレイリストを用意しましょう。

次に、手がかりカードを表向きにしてテーブルに並べます。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

進行役は「90」と書かれた手がかりカードと、「10」と書かれた手がかりカードをランダムに1枚取ります。

そして、「80」から「20」の間の各値のヒントカードからランダムに1枚を選択し、ゲームのヒントデッキを形成します。

箱の残りの部分を返し、それらのすべてがプレーヤーに配布されるまで、時計回りにカードを渡します。

最後に進行役がゲームガイドを読み上げます。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

ゲームは土曜日に行われます。

チャーリー以外の全員は、アリスが最後に見られたのが3日前の水曜日であることを知っていて、ゲームを始めます。

進行役はAlice is Missingのプレイリストを開始し、タイマーに従って、自分たちの手がかりを明らかにします。

タイマーが始まると、チャーリーバーンズは自分の「90」のヒントカードをひっくり返し、すぐにみんなへグループテキストを送ります。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

チャーリーのテキストが送信されると、プレイヤーはテキストを介してお互いに応答することによって参加することができます。



ゲームの開始

ここからがロールプレイングの始まりです

プレイヤーは、彼らがサイレントフォールズに住んでいるかのように設定を練る必要があります。

いくつかのゴールデンルールでは、プレイヤーはカッコの中にメッセージを入れることで、性格にそぐわないコミュニケーションをとることがあります。

プレイヤーはゲーム中、メインのグループチャットと個別のテキストメッセージの両方を使用することをお勧めします。

注意

二人のキャラクターが一度に同じ場所にいることはできません。

もし、同じ場所にいる場合は、二度と会わないようにするための理由を書いてください。

プレイヤーは手がかりカードの情報を全ての人に伝えなければなりません。

手がかりカードの答えによって、ゲームの物語がどのように展開していくかが決まります。

タイマーが手がかりカードの裏に表示されている時間に達すると、そのカードを操作するプレイヤーはカードを裏返してその指示に従います。

多くの場合、これは容疑者や場所を示すカードを描き、それを手がかりカードに組み込むことを含みます。

プレイヤーはこの新しい情報をグループの会話の中に有機的に組み込む必要があります。

プレイヤーは、容疑者カードや位置情報カードを表向きにしてテーブルの上に置きます。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

30分カードと20分カードでは,プレイヤーは明らかになった場所や容疑者のカードをシャッフルして,ランダムに1枚引くように指示されています。

10分カードはカードを引く必要はなく,代わりにプレイヤーがアリスをどうやって見つけるかを決定します。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

ゲーム中、プレイヤーは手掛かりを明らかにし、疑惑を高め、信頼できる味方の物語の中に新たなねじれを見つけます。

タイマーが終了すると、プレイヤーは最後のテキストメッセージを送信し、進行役は録音されたボイスメールをプレイリストの最後の曲にかけて再生します。

ボイスメールが終了し、現在の曲が終了すると、進行役は結果報告カードを置きます。

出典:https://youtu.be/-nvD49zV09M

進行役は結果報告カードを裏返し、その指示に従います。

結果はプレイヤーがストーリーを解決する場であり、ゲームが終了する前にプレイヤーが必要とするだけ長く続くかもしれません。

以上が「Alice is Missing」のルールになります。



まとめ

いかがでしたか。

実際にゲームをプレイしたわけではないので、なんとも言えない部分もありますが、確かにリプレイを考えて創られているゲームのようですね。

マーダーミステリーのように1回きりというわけではなさそうです。

にしても、ボイスメッセージをゲームの最初に入れて、ゲームの最後に流す、というのがなんともおしゃれです…!

ではまた!

【ボードゲーム】Alice is Missingの中身公開【開封編】

2020年12月17日

【ボードゲーム】Alice is Missingの紹介と魅力【キックスターター】

2020年6月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。