【ボードゲーム】街コロの魅力について紹介【初心者オススメ】

こんにちは、ひかふれです

今回は「街コロ」というボードゲームについての紹介記事になります

パッケージが、題名のとおりコロコロしててなんとも可愛いですよね

そんな今回の記事では

読者の悩み
  • 街コロってどんなゲーム?
  • 面白いの?
  • どんな人におすすめなの?
  • 魅力はどこ?

といった悩みを持った方へ向けた記事になります

私ひかふれはこのゲームが非常に好きでして
カードが擦り切れるほど遊んでおります

ぜひ、今現在購入を検討している方への参考になれば幸いです


では、いきましょう

created by Rinker
グランディング(Grounding)





街コロってどんなボードゲーム?

基本情報とゲームの目的

商品名街コロ
タイプファミリーゲーム
カテゴリーカードゲーム、シティービルディング、ダイス
メカニズムカードドラフト、ダイスロール
プレイ人数2−4人
プレイ時間30分
対象年齢7歳以上
複雑性
発売元グランディング株式会社
発売時期2012年

あなたは、とある企業のオーナーです

ライバルよりも早く自分の街を発展させて、建設中のランドマークを全て完成させましょう!


ゲームの流れ

1.ダイスを振る

photo by Hikafre

ゲームはターン制で進行していきます

手番のプレイヤーはダイスを1個振りましょう!(のちのち2個振ることも可能に)

出た目によって、次のアクションにつながっていきます


2.収入を得る

photo by Hikafre

ダイスの目に一致した施設の効果に応じて、収入を得ることができます

収入源は以下の4つに分けることができます

青色:第一次産業 誰のターンでも銀行から収入を得ることができる

photo by Hikafre



緑色:商店・工場・市場 自分のターンの時のみ銀行から収入を得ることができる

photo by Hikafre



赤色:飲食店 ダイスを振ったプレイヤーから収入を得られる

photo by Hikafre



紫色:大施設 自分のターンの時のみ他のプレイヤーから収入を得られる

photo by Hikafre




3.施設の建設

ターンに1件だけ、新しく施設を建設することができます

売り切れたり、お金がない場合は新しく施設を購入することができません


すごくシンプルな経済ゲーム

ルールは上記でも説明の通り、非常にシンプル

ダイスを振って、収入を得て、施設を購入していくだけ

しかし、買う施設によってもたらせる効果は人によってゼロだったり、10だったり、マイナスの時でさえあります


限られた資金の中でどうやりくりしていくか


資金繰りという生きていく上で大事な金銭感覚が学べるゲームと言えるかもしれません


人によって別れる戦略

基本ルールでは15種類ある施設は全て購入することができます

しかし、ある程度プレイした方向けに施設を10種類に限定する拡張モードというのが存在します


こうなってくると、有用な施設の奪い合いという新たな要素が加わり、より戦略性を増すゲームになります


ある人はコンビニ経済と称してコンビニを買い占め…
またある人は一次産業に特化したり…


毎回違った展開を見せてくれるので、何度でもプレイしたくなるゲームです



ゲームの勝利条件でもあり、特別な効果のランドマーク

photo by Hikafre

購入できる施設のほかに、勝利条件であるランドマーク施設というものがあります

こちらも、「施設」であることに変わりはないので、それぞれ特殊な効果をプレイヤーにもたらします


ランドマークの取得順にルールはないので、自分の戦略にあったランドマークから取得していくといいでしょう



ゲームをより楽しむ拡張版

街コロには、様々な拡張版が存在します

もし私のように擦り切れるまで遊んでも、さらに新しい施設とランドマークがあなたを待っていますよ?

街コロプラス

街コロシャープ

これでプレイアビリティ上昇!街コロ専用ゲームマット

まるで別ゲー?!街コロレガシー

新たなスタンダード!街コロ通

公式HPによる紹介

発売が楽しみですね!



箱の中身爆発しがち案件

ゲーム性やコンポーネントなど、私個人的にはとてもポイントが高い街コロですが、一つだけ難点があるとすれば外箱です

中は区切りがなく、箱自体もパカパカとすぐ開いてしまうので、まあとにかく中身が飛び出す飛び出す(笑)

かといって、輪ゴム等でくくるのもおしゃれじゃないし…

私は発売当初に購入したので、新しいものはもう直ってるのかもしれませんが

みなさんはどうしてます?


こんな人におすすめ

街コロを買うべき人
  • 重すぎるのも嫌だけど、軽すぎるのも嫌!
  • 戦略性があるけど、運の要素も欲しい
  • パッケージやイラストに可愛さを求める人
  • ある程度のリプレイ性を求める人
  • 初心者にも超オススメ!

個人的には一番初めに買うボードゲームでもいいと思います

それくらい万人に受けやすい、カジュアルなゲームなのです!


口コミ

https://twitter.com/takumi_boardgm/status/1267431861174759424





まとめ

いかがでしたか

シンプルで誰でも遊びやすく、手軽に経済も学べるゲーム、それが「街コロ」です

個人的には、「カタンの開拓者」や「モノポリー」といったレジェンド級のボードゲームと比較しても面白さでは遜色がないような気がします

欲を言えば、施設をコマとして立体化してくれたりしたらもう最高です(笑)

この記事がみなさんの参考になれば幸いです

ではまた!

created by Rinker
グランディング(Grounding)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。