【ボードゲーム】リカーーーリングReCURRRingの紹介【みんなの想いがぐーーーるぐる】




みなさんはゲームマーケットにいったことはありますか?

ゲームマーケットとは、国内最大級のアナログボードゲームイベント。

コロナがなければ、ここ数年、来場者数も右肩上がりのビッグイベントです。


ボードゲームを始めて結構日が経っているひかふれですが、実は片手で数えるくらいしか行ったことがありません。

次回足を踏み入れる際は、自分のボードゲームを売る時でありたいものです。


今回はそのお話ではなくて。

私が始めてゲムマに行った時。

初めて買ったボードゲームのお話。


いまだに鮮明に記憶に残っています。

私の記憶に強烈なインパクトを残したボードゲーム。

その名は…。




「ReCURRRing リカーーーリング」






わからない、わからない、何も、わからない。

まず、結論を先に言っておきましょう。

このゲームの感想は

「わからない」

これに尽きます。




具体的に何がわからないかと言うと

・どうすれば勝てるのかわからない

・自分がなにをしているのかわからない

・他人が何をしたいのかわからない

・ゲームがどれくらい進行しているかわからない

他にも多くの「わからない」が潜んでいます。



このような感想を聞かされて、誰が面白そうなゲームだと思うのでしょうか。

しかし、しっかりと「面白い」のだから不思議です。

もし、このような不思議な感覚に陥りたい方は、チェックしてみることを大いに勧めます。

リカーーーリング ReCURRRing
created by Rinker
ひかふれ
これからリカーーーリングの詳細について紹介していくよ!







リカーーーリングは噛めば噛むほど味の出るスルメゲー。

上記ではわからないを連発してしまいましたが、リカーーーリングはやればやるほどに、その魅力に取り憑かれていくゲームです。

だからこそ、同じゲームを何度も何度もプレイして楽しみたいと言う方にお勧めするゲームです。


何度もプレイするとどうでしょう。

少しずつ、少しずつこのゲームがほぐれていくんです。


そして全てを理解した後に出てくる感想は、

「このゲームを考えた人は変態なんだろう」

ということです。





リカーーーリングとは、「変則型大富豪」

簡単に一言で言ってしまうならば、リカーーーリングは大富豪です。

みなさんも一度は経験があるでしょう。

トランプゲームではすっかりお馴染みの、あの大富豪です。

ひかふれ
私の地域では大貧民って言ってたよ!

ですから、基本的な流れと目的は大富豪そのものです。

手番でやることと目的
  • 場に出されているカードより強いカードを出す
  • 出せなくなったらパス
  • 手札を早く無くす

なんだ、簡単じゃないかと思ったでしょう?

しかし、これではただの大富豪。


ちょっとここで、「リカーリング」=Recuring の意味を知っておきましょう。

リカーリングとは、「循環」。

ぐるぐる、繰り返すことを表します。


なぜ、このゲームが「変則型」大富豪と呼ばれるのか(私が勝手に言っているだけだけど)。

決定的な違いがあるからです。


それは、

自分のカードを場に出した時、出ている場のカードを代わりに自分の手札に加える

からです。


どうです?

意味が「わからない」でしょう。

私もわかりません。


だって、出したのに手札に戻ってくるんじゃ、手札が減らないじゃないですか!!!

これが、リカーーーリングなのです。





どうやったらゲームが終わるの?

これじゃゲームがいつまでたっても終わらないじゃないか。

そう思いますよね。

ひとまず落ち着いて、カードの中身を確認してみましょう。

カードは全部で57枚
  • 1が1枚
  • 2が2枚
  • 3が3枚
  • 4が4枚
  • 5が5枚
  • 6が6枚
  • 7が7枚
  • 8が8枚
  • 9が9枚
  • Rが12枚

はい、意味が「わかりません」よね。

ここでもまた、大富豪を例にその違いを比較してみます。


大富豪ではカードの強さは3が一番弱くて2が一番強いですよね。

A,2を除けば「数字が大きくなるほど強い」です。


一方、リカーーーリングでは9が一番弱くて、1が強いです。

数字が小さくなるほど強い」です。


そして大きな違いがもう一つ。

大富豪ではスタートプレイヤーが最初に出す「カードの枚数」を決められますよね。

2枚出ししたり、3枚出ししたりします。

しかし、リカーーーリングでは、最初は絶対に「1枚出し」です。

ひかふれ
え?それじゃ1を持っている人が絶対強いよね?

そう、大富豪ならそこで「場が流れてしまう」のです。

しかし、リカーーーリングでは「数字の強さ」に加えて、「枚数の強さ」があるのです。

ね、意味が「わからない」でしょ。


つまり、1枚出しできなくなったら、2枚出しができるのです。

リカーーーリングにおける「カードの強さ」
・枚数が多いほど強い。
 →9の1枚出しより、9の2枚出しのほうが強い。
・同じ枚数なら、数字が小さい方が強い。
 →9より1のほうが強い。

ふんわりとわかってきました?

あ、ちなみに大富豪ではジョーカーは「最強」のカードですが、リカーーーリングのRカードは「最弱」のカードになります。







ゲームはゆっくりと、いつの間にか「終焉」する

私の拙い説明で、このゲームをどれだけ理解できたか「わからない」ですが、リカーーーリングにも、始まりがあれば、終わりがあるものです。


場の枚数が増えていき、いずれ全員が出せなくなった時。

これでやっと場が流れます。


勝ったプレイヤーは、場に出ているカードを引き取り、これが「得点」になります。

得点は1枚=1点です。


そして、勝ったプレイヤーから、また1枚出ししてゲームが始まります。

そうして、ゆっくりと、ぐるぐると、ゲームは枚数を徐々に減らしながら、終焉を迎えます。


誰か一人の手札がなくなった時。

このゲームは唐突に終了します。


大富豪であれば、最初に手札を無くした人から順位がつきますが、リカーーーリングは得点制。

その時に一番得点を獲得していたプレイヤーが勝利します。

ひかふれ
え?じゃあ一番最初に手札を無くす意味がないんじゃないの?

いいえ、そんなことはありません。


実は、唯一数字ではない最弱のカード、R。

このRカードはなんと0点

このカードが手元にあっても意味がないのです。


が、一番最初に手札を無くしたプレイヤーのみ。

このRカードが1枚=1点になるのです。







リカーーーリングの面白さとは

改めてリカーーーリングの面白さを簡単にまとめると、

  1. 大富豪のような手軽さ
  2. 初回の意味のわからない新感覚
  3. 後半に追いつく理解と湧き出るリプレイ性
  4. やればやるほど理解が深まり戦略性が増す

こんな感じです。

ひかふれ
正直まだ自分も理解しきれてないけどね!

詳しく解説していくよ!







大富豪のような手軽さ

意味がわからないと言っても、カードゲームです。

やることはシンプルだし、時間もかかりません。

1回のプレイに何時間とかかる重たいゲームと比べると、サクサクとテンポよくゲームが進むので、ちょっとやりたい!と言う時にパッと出せるのもお勧めのポイントです。






初回の意味のわからない新感覚

この感覚はやった人にしかわからないでしょう。


手札をはやく無くしたいのに、なくならない。

強いカードを出しても、弱いカードが手元に戻ってくる。


一体この場は誰が流すのか。

自分じゃないだろうと思っていたら、自分だった。


初めてやる人は、必ず頭にクエスチョンマークが浮かびます。

この「不思議な感覚」が癖になってしまうのです。






後半に追いつく理解と湧き出るリプレイ性

それでも理解の早い人は、ゲームの後半に気付くのです。

「ああっっ…!こうすればいいのかもっ…!」

それ、だいたい勘違いで2回目もおんなじこと繰り返してます。


ですが、このゲームの流れ同様、少しずつ、少しずつわかってくるのです。

勝つためにはどうすればよいのか、循環とはなんなのか。

その答えを知るために、もう1ゲーム、もう1ゲームと叫ぶのです。




やればやるほど理解が深まり戦略性が増す

理解が深まってくると、何をしたら場がコントロールできるのかが見えてきます。


ここで言ってしまうのはあまりに興醒めというものでしょう。

ぜひ一度手に取って、ご自身で身を持って体感してみることを強くお勧めします。

鍵は「〇〇〇〇」と「〇〇〇〇〇〇〇〇」の2つです。






まとめ:リカーーーリングは持っていて損のないゲーム

まとめると、リカーーーリングというゲームは、1つ持っていても良い、お勧めボードゲームです。

  • 軽くてもじっくりとしたゲームがプレイしたい
  • ちょっとクセのある不思議なゲームがしたい
  • あまり高くなく容易に購入したい

そんな方は、一度手に取ってみてはいかがですか?

以上、リカーーーリングの紹介でした。

リカーーーリングとは

リカーーーリング ReCURRRing

カードゲーム

3-5人

30分以内

8歳以上

saien

2016年

9
 
 

不思議

5
 
 

大富豪感

7
 
 

おしゃれ感

8
 
 

リプレイ性

リカーーーリング ReCURRRing
created by Rinker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。