【ボードゲーム】ピノキオの鼻の紹介【ゲムマ2021大阪】



これは誰も知らないピノキオのお話。 

嘘をつくことに慣れてしまったピノキオは、いつしか人を騙して楽しむようになっていました。

怒った女神はピノキオに残酷な罰を与えます。

 “周りに嘘つきがいるだけでピノキオの鼻が伸びてしまう…” 

これは人間の誰かと仲直りの握手ができるまで続くのでした。




こんにちは、ひかふれです。

ゼペット爺さんとピノキオを飲み込んだサメとは、私のことです。

あの時は本当にすいませんでした。


本日紹介するのは

「ピノキオの鼻」

というボードゲーム。

この記事の内容
  • ピノキオの鼻とは?
  • ピノキオの鼻の魅力について
  • 拡張版「GRAGRA」について
  • こんな人におすすめ




ではいきましょう。







ピノキオの鼻とは

基本情報

 

  • 製品名:ピノキオの鼻  
  • メカニズム:ブラフ・レース・バッティング
  • プレイ人数:2〜4人  
  • プレイ時間:10〜20分  
  • 対象年齢:14歳以上(奇数偶数が色分けされてあるため、実際は小さなお子さんでも可)  
  • 複雑性:低
  • ゲームデザイン:Graphic335
  • 発売時期:2021年
  • キャッチコピー:騙す方も騙される方も、嘘まみれのブラフレース  





ゲームの流れ

プレイヤーは1アクションずつ交代で行い、誰かがゴールするまで続くラウンド制のゲームです。

ラウンドは、

  • 鼻コマフェイズ
  • 宣言フェイズ
  • 判定フェイズ

に分かれます。


鼻コマフェイズ

プレイヤーは手元に1-6の数字が書かれた「鼻コマ」と、ピノキオの絵が書かれた「ピノキオコマ」の7つを持っています。

この7つのコマを裏向きにしてうわーっと混ぜ混ぜします。

その中から3つを選んだら、こっそりと確認しましょう。

ふむ、今回のラウンドで使うのはこの3つのコマになるわけです。

残りの4つは使わないのですが、そのうち1つを隣の人に渡しましょう。


渡された人はコマを確認できるのですが、ここがポイント。

このコマが、じわじわと効いてくるのです…!




宣言フェイズ

さあ、ゲームが始まります!

コオロギさんを持っているプレイヤーは高らかに「奇数」or「偶数」を宣言しましょう!

ア○ギ「俺はっ…!今回は、丁だっっっ…!」ざわざわ…

…コオロギさんだからね、間違えないでね。

その後、数字を宣言しながら3つある手元のコマのうちの1つをピノキオの鼻に乗せます。




判定フェイズ

さて、果たして今のプレイヤーの宣言は真実だったのか?

それとも、嘘だったのか?

手元の判定コマを使い、宣言プレイヤー以外の人たちは一斉に判定をしましょう。

嘘を見破った場合、見破られた場合、真実を嘘呼ばわりした場合によって受ける結果が変わってきます。

結果によって、プレイヤーたちはコマを進めたり、後退したりします。


ここまでが1ラウンド。

誰かがゴールするまでラウンドを繰り返します。





魅力1:ずっといじっていたくなる可愛いコマとアート

緑と紫のカラフルな箱絵は、毒々しさを孕みながらも派手で目立ちますね!

思わず手に取ってしまう魅力があります。

蓋を開けると、まず感じるのは印刷物のいい匂い笑

新品のボードゲームを開ける時、好きな瞬間の1つです。





そして見てください、このコロッとした可愛いコマたちを!

インディーズのゲームとは思えない、非常にクオリティの高いコマです。

鼻コマの裏側の模様なんか、細かい作りでずっと手に持っていたくなります。

私のお気に入りは、なんといっても「コオロギコマ」

スタートプレイヤーを表すコマなのですが、離したくないっっ!

さらに、ボードはピノキオの顔を中心として1枚の絵のようになっています。

完成度が高い!!

非常に綺麗な盤面にウットリ。








魅力2:シンプルだけどドキドキ!鼻を伸ばせー!!

このゲーム、要は「ダイスの代わりに嘘をつく双六」です。

6進みたいなら、6って宣言するんです!!

我が物顔で、当然のように。

それで、次の手番も6って言うんです。

あれ?さっき6って言ったよね?じゃあ嘘?でもさっきが嘘かも…。

でもでも、3ラウンド目だから、コマが混ざって6を複数持ってる可能性もあるし…。


…うわああああ!!!


宣言を真実か嘘か判定するだけのシンプルさが、逆に深い読み合いを生むこともあります。


そして対象年齢が14歳以上!!

ほほう、結構な騙し合いになる…と?

でも正直シンプルな部類だと思うけど…
と思っていたら隣で一言。

「ちっちゃい子に、嘘なんかついてほしくないからだろ?」

納得の対象年齢です。





魅力3:あれも嘘、これも嘘…。嘘まみれの世界に救いはあるのか?

ほぼ確実に嘘をつかなければいけない本作。

嘘の判定をもらわない限り、鼻コマは公開されないまま積まれていくため、幾重にも嘘を重ねることができます。

まさに多重ブラフ。

そう考えると、あの鼻コマのタワーは嘘の塊のようなものですね。

しかし、嘘を見抜く方法というのが実は存在するんです!

そう、ラウンド最初に他人に渡すコマ。

この数字を隣の人が宣言しようものなら…。

ドヤ顔で嘘のコマを叩きつけてやりましょう!

ひかふれは、その時の「確実に嘘をついている人の顔」を眺めるのがとても好きです笑





どんな人にオススメ?

ピノキオの鼻を買うべき人
  • 言わずもがな、ピノキオが好きな人
  • 可愛いコマを愛でたい人
  • 短時間でできるパーティゲームが好きな人
  • 嘘をつくのに抵抗感がない人
  • 嘘をつく時動揺しちゃう人

プレイ時間も短いため、コロコロ回せて非常に使い勝手のよい作品です。

嘘をつくのが得意でも、下手でも楽しめるのが嬉しいです。

あと、こういったゲームはわりと性格がでるらしく…。

ひかふれは「どうでもいい時に嘘ついて、勝利が固くなったら本当のことを言う」らしいです笑

よく見られているなぁ…。








拡張版「GRAGRA」

また、このゲームには2人専用拡張「GRAGRA」があります。

基本情報

  • プレイ人数:2人
  • プレイ時間:5-15分
  • 対象年齢:6歳以上




ゲームの流れ

双六の要素がなくなり、代わりにピノキオの涙を集める、もしくは鼻タワーを崩させることを目的にします。

基本と同じく、ラウンド制でフェイズも同じように「鼻コマ→宣言→判定」と移っていきます。

違うのは、「1-6の数字とピノキオコマ」の7つの鼻コマを2人で使うこと。

鼻コマフェイズでは、7つの鼻コマのうちお互いに3つずつをランダムで選び、そのうち1つを表向きにして捨てます。

ふむふむ、ここで7つの鼻コマのうち、3つは数字がわかることになりますね!

そして拡張ボードに2つのコマを「1つは表向きに、もう1つは裏向きに」配置します。

ほほう!ということは、ここでさらに2つの数字が見えるので、7つのうち5つはすでに数字がわかっていることになります。

わからないのは相手が裏向きにしている1つと、最初に選ばれなかった1つのみ…。




宣言フェイズでは、場に裏返しで出された2つのコマの合計を予想します。

予想した数字に、可愛いコオロギさんマーカーをちょこんと配置。

もう一人のプレイヤーは、その数字が「本当なのか、嘘なのか、そしてさらに数字を進めるか」の3択を選びます。

数字を進めた場合のみ、手番が入れ替わり再び3択を選びます。



判定フェイズでは、すべての鼻コマをオープンし数字の合計を求めます。

無事、予想数字を当てたもしくは嘘を見破った場合、涙トークンを獲得します。

残念ながら失敗してしまった場合は、涙トークンを返したのち、なんと鼻コマをさらに積まなくてはなりません!

こうして、涙トークンを3個集めるか、鼻タワーが崩れてしまうまでゲームは続きます。




こちらの拡張、基本ゲームよりも頭を使う!!

ある程度は数字が絞れるので、読むべきは相手の心理!!

「負けた時に積む鼻コマ=裏向きに配置していた鼻コマ」です。

もし、相手が消極的なら裏向きの数字は小さい…?

でも、表向きのコマも小さい数字だし、ブラフを誘ってる…?

答えは相手しか知らないので悩ましい!!!

オープンした時に当たっていた時のしたり顔と、外した時のうわー!!感がパーティ感があって好きです笑

あと、失敗した時に鼻コマタワーを積んでいくのが、バランスゲーム要素を含んでいて単純に楽しいです!





まとめ

いかがでしたか。

私たちが想像するピノキオとは違った、嘘をつくことに楽しさを覚えてしまったピノキオ。

このボードゲームでは、そんなピノキオを毒々しく、でもなぜかすごくキャッチーで目を引くデザインで昇華させています。

なにより、嘘をつく=ピノキオの鼻が伸びるのを、鼻コマで表現しているのは秀逸だと感じます。

When you wish upon a star, makes no difference who you are

星に願いをかける時、あなたが誰であるかなんて関係ない

Anything your heart desires will come to you

心を込めて望むなら願いはきっと叶うでしょう


そう、それが嘘でも、星に願いをかけるならきっと。


以上、「ピノキオの鼻」の紹介でした。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。