【グルームヘイヴン】クラグハートの使い方を徹底解析!【実践編】

こんにちは、ひかふれ(@Hikafre)です

今回は

ひかふれ
クラグハートの魅力についてはわかったよ!
でも実際にどうやって使えばいいの?

 

という人向けの記事を作りました!


サヴァス族の中でも、異端中の異端
自身の胸を破壊し、大地の恵みを
自身に宿す者

剛力のクラグハートは、
その圧倒的な体力と手札の多さを誇ります

時にその力は味方も傷つけてしまうほど…


ひかふれ
味方にいても恐ろしい奴だよクラグハート!

 

今回はクラグハートの運用方法をお伝えできればと思います

 

 

基本情報及び特徴


そもそもクラグハートの魅力って何?
という方はまずこちらをどうぞ

【グルームヘイヴン】最前線の守神、クラグハート!【キャラ紹介】

2020年4月7日



目指すべき行動

クラグハートが目指すべき姿
それは「遠距離型」です

 

そもそもクラグハートは、
攻撃よし! 防御よし!で
とても汎用性の高いキャラクターです

 

今回紹介するのもそのうちの一つです

個人的に、満遍なく全てをできる
ようになるよりかは、
一つに特化して行った方が面白いなと
思ったので今回紹介するに至りました

もちろん、近接攻撃に特化した戦略や、
反撃に特化した戦略もできるので、
皆さんにあったクラグハートを育成してくださいね



優先的にとっていきたいカード

レベル2

photo by Hikafre

Sentient Growth(知的成長)を取りましょう

 

範囲攻撃でありながら、その範囲内にいる味方に回復も入れることができる優れたカードです

少し火力不足なところは否めませんが…

 

下段はさらに移動、回復、攻撃
全てを行うことができます
どんな場面でも柔軟に立ち回ることができそうですね!

 

Explosive Punch(爆裂撃)は、近接型でクラグハートを作るなら、是非入れたいカードですね

喪失カードではありますが、
複数の敵に大きなダメージを
入れることができます

イニシアチブも早く、移動力もあるので
利便性は高いです





レベル3

photo by Hikafre

Clear the Way(道を拓く)を取りましょう

 

このカードは、
グラムハートの特性を生かした
トリッキーなカードと言えますね

射程内に障害物を投げ込み、
その隣接した敵を攻撃することができます

また、草のエレメントがあれば
さらに攻撃力を上乗せすることができます

 

下段はジャンプ移動であり、
喪失カードになってしまうので、
よほどのことがない限りは使わないかもしれません

例えば、最終マップで宝箱をとりにいくときなどに使いましょう!

 

Blunt Force(重鈍撃)もまた、
近接型には優秀なカードですね!
草のエレメントがあれば、8の大ダメージを入れることができます!
イニシアチブも早いですが、移動力が2しかないのが少し残念です





レベル4

photo by Hikafre

Rock Slide(岩石崩落)を取りましょう

 

レベルが上がるにつれて、
クラグハートの本質が出てきましたね!

上段は射程4以内に3つの障害物を作ることができ、且つ、そこに隣接した敵味方は2ダメージを受けます

この効果は重複しないのが残念ですが、
重複したらそれはもう強すぎますね(笑)

下段も面白いカードで、
6も移動ができる代わりに直線移動しかできません

一度走り出すと曲がれないんですね、クラグハート(笑)

 

Kinetic Assault(物理激打)は、
上段が移動したのちの攻撃になります

あと少しで攻撃が届くのに!
という時に使える良いカードですね

しかし、今回は近接型には焦点を置いていないので、こちらはパスします





レベル5

photo by Hikafre

Petrify(石化)を取りましょう

 

そろそろここで
敵を一瞬で葬るカードを入れるのも良いでしょう

さらに草のエレメントも生成し、
経験値2も得ることができるので
喪失カードに見合ったカードと言えますね

下段の移動と足止めはあまり魅力のあるカードではないですが、移動力のないクラグハートの手札には重要と言えるかもしれません

 

Stone Pummel(石の柄)は、
もしあなたが近接型のクラグハートを育成していれば面白いカードです

下段も障害物を使ってさらに攻撃を上乗せすることができるので、最前線において活躍するでしょう

ただ、今回紹介している戦略とはかけ離れていますね




レベル6以上

レベル6以上のカードは非常に強力になってくるのと同時に、癖の強いものを多く含みます

ここで解説していきたいのは山々ですが、ここまで来ればもう皆さんはすでにクラグハートの使い方をほぼ熟知しているでしょう!

一番自分に合ったカードを選択していってください!




デッキ構築

初期のお勧めデッキ

Crater(クレーター)

Dirt Tornado(塵旋風)

Earthen Clod(土塊投げ)

Forceful Storm(大嵐)

Massive Boulder (大岩投げ)

Backup Ammunition (予備弾岩)

Heaving Swing(放り投げ)

Rumbling Advance (轟進)

Unstable Upheaval (思いがけぬ襲撃)

Rock Tunnel(岩のトンネル)

Crushing Grasp (握り潰す)

 

レベル2

IN→Sentient Growth(知的成長)

OUT→Rock Tunnel(岩のトンネル)

 

レベル3

IN→Clear the Way
  レベル1からAvalanche
  (障害物を意図的に生み出すため)

OUT→Crushing Grasp

 

レベル4

IN→Rock Slide

OUT→Unstable Upheaval 

 

レベル5

IN→Petrify(石化)

OUT→Avalanche(雪崩式)

 

特典

やはりまず優先するべきは
草のエレメントを2枚追加する
ことでしょう


この特典は2つあるので、連続でとって4枚をデッキに仕込むのもアリですし、1つとったあとはアイテムやシナリオの負の効果を打ち消すのもアリです


そして-1を+1に変えていきましょう

風のエレメントの特典は必要なさそうです





オススメアイテム

オススメ初期装備

頭 鷹の目ゴーグル

体 特になし

腕 騎士の盾

脚 大またのブーツ

消費アイテム 体力増強薬 治癒薬





まとめ

いかがでしたか

クラグハートは、使っていて本当に面白いキャラクターです

障害物を生成したり、投げたり壊したりして敵にダメージを与えたり…

アメコミに出てきそうな感じがすごいします!(笑)

もし、記事を通してクラグハートに魅力を感じていただければ幸いです!

他に気になるキャラクターがあればこちらもどうぞ

【グルームヘイヴン 】ティンカラーの使い方を徹底解析!【実践編】

2020年4月11日

【グルームヘイヴン 】ブルートの使い方を徹底分析!【実践編】

2020年4月10日

【グルームヘイヴン 】スペルウィーヴァーの使い方を徹底分析!【実践編】

2020年4月9日

【グルームヘイヴン】スカウンダレルを解析じゃ!【実践編】

2020年4月2日

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。