Red Rising:レッドライジング ボードゲームの紹介

I would have lived in peace. But my enemies brought me war.

私は平和に暮らしていた。しかし、敵は私に戦争をもたらした。

SF世界を舞台に、市民は14の異なる階級に分けられ、それぞれが特権を有している。

プレイヤーは社会的地位を向上させ、上位の階級への昇格を目指していく。

信者からの支持と重役からの影響力を集め、最高階級である「ゴールド」の地位を獲得するのだ。



プレイ人数は1-6人。時間は45-60分。

ハンドマネジメントコンボ構築のゲームである。


ゲームでは、5枚の手札を持ってスタートし、より高い階級に進むために必要な味方を集めていく。

プレイヤーは6つある家のうち1つを選択。

手番中、手札の1枚をボード上に配置し、その場所の効果を得ることができる。

その後、別の場所からカードを1枚取り表向きに表示するか、メインデッキから1枚とり、手札に加える。



ゲームを進めていくと、プレイヤーは盤面に散りばめられた様々な場所の効果を発動させ、貴重なカードを手札に集めることでポイントを稼いでいく。

ゲーム終了時にポイントの最も多かったプレイヤーが「ゴールド」になるか、はたまた別の道を選ぶのか…。



まだ詳しいルールも公開されていない。

レインボーな箱絵が、どうしようもなく興味をそそる。



先日、あの「サイズ」や「ウィングスパン」を手がけたStone Maier Gamesが本作リリースの声を上げた。

BGGでは早くもHOTランキングに上がり、その期待の高さがうかがえる。

私も例に漏れず、このような記事を書くほどには興奮している。



そもそもレッドライジングとは、ピアース・ブラウンのSF小説が原作だ。

数百年後の未来に設定されたディストピアで暮らす、16歳の少年の話である。

レッドカーストの一員として、火星地下の鉱山での労働を余儀なくされていたダロウ少年。

そんな時、転覆を望む反逆者のグループに勧誘され、物語は展開していく…。



現在、小説はシリーズ化され5冊目。

予定では今後6冊目がリリースされるとのこと。

最上部のセリフは、小説からの抜粋である。



予約開始日は3月。

その後数週間でフルフィルメント予定だ。

ストーンマイヤーサイトからはコレクターズエディションを。

各小売店では通常盤の発売を見込んでいる。

となれば、気になるのがローカライズ。

これに関しては、まだ詳細は不明。

しかし本作は言語依存が強いため、しばし発表まで耳を傾けておくのがよいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月より「ひかふれblog」をスタート! ボードゲーム、TRPG等アナログなゲームが大好き! 同じ趣味を持っている方々に少しでもためになることを書けたらと思ってます。